« ◆ちょっと変では?職員給与 | トップページ | 『わたしたちはこうして津波から生き延びた ~鎌倉で考える防災と被災地支援~』 »

2012年2月10日 (金)

◆ちょっと変では?職員給与

◆ちょっと変では?職員給与…Part 2「住環境の手当て」

・地域手当
 鎌倉市支給率15%(全国最高支給率) 52,300円(21年度平均支給額)
 国家公務員に対して地域における物価等を考慮し、一定の地域に在勤 する職員に対して支払われる手当であるが各自治体つけている。
  (藤沢11%、小田原7%、平塚10%、茅ヶ崎10%)

★社会情勢から乖離した手当てが何でついているのか理解不能?
昨今の社会情勢に合致しない手当ては廃止すべきです。

・住居手当
 賃借している職員 30,100円
自己所有職員(市内居住者)19,600円→18,100円(平成23年下げ)
自己所有職員(市外居住者)17,600円→15,300円(平成23年下げ)

★鎌倉市民率UP、交通費制御の為市内在住者のみにするのが良い


◆◆◆鎌倉市放射線量測定値◆◆◆

・本日→0.064μSv/h (笛田6-16-50、高さ1m、8時)

・今月→2012年1月計測数値表

↑クリックすると左下にエクセルで表示されます。

◆◆◆◆◆◆


« ◆ちょっと変では?職員給与 | トップページ | 『わたしたちはこうして津波から生き延びた ~鎌倉で考える防災と被災地支援~』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆ちょっと変では?職員給与 | トップページ | 『わたしたちはこうして津波から生き延びた ~鎌倉で考える防災と被災地支援~』 »