« ◆鎌倉シルバー人材センター | トップページ | ◆今、鎌倉に必要な事 「変えると言う事」 »

2012年11月26日 (月)

◆今、鎌倉に必要な事 「変えると言う事」

★鎌倉市職員の皆様へ

私の提唱してきた事をここのところ取り組んでいただいているようで、大変すばらしいと思っております。

しつこいようですが今一度掲載しておきます。


◆話し合いのやり方変えましょう。「ダイアログとは?」

ダイアログが求められる背景

現在の私たちを取り巻く複雑な環境の中で起きている様々な問題を解決するにあたっては、ある一部の人が話し合いを行い、最適解を見つけ出し、解決策を選択するという方法が、成果を生み出しづらくなっています

その理由としては、変化が速く、複雑性も高いため、誰も正解を知らないことによります。

また、選択された解決策が必ずしも効果を上げないために、決定者の正当性が担保されないことがあります。
さらに、組織のメンバーやステークホルダーの自由や主体性に対する意識の高まりから、決定の場に参画してもらっていないと、積極的な取り組みを引き出すことができなくなってきました。

そこで、関わる全ての人々が、オープンに語り合うことで、立場を超えてお互いの背景や想いを理解し合い、共に考え、コンテクスト(文脈)を共有していくことの重要性が高まってきました。

そのような話し合いのプロセスが「ダイアログ」なのです。

HUMAN VALUE HPより引用 

対話(ダイアログ)をもっと広めよう 

*私が推奨するやり方

◆求められるリーダーとは?「サーバントリーダーシップ」

皆様はサーバントリーダーシップってご存知ですか?

いわゆる支配型のリーダーシップと反対のやり方です。
奉仕や支援を通じて、周囲から信頼を得て、主体的に協力してもらえる状況を作り出す。

競争型・支配型のリーダーシップではなく、共創型・協力型のリーダーシップです。

サーバントリーダーシップ←クリック


◆リーダーとマネージャーの違い

リーダーと組織の管理者(マネージャー)とは役割が大きく異なる。

管理者(マネージャー)は、部下をルールに従って業務の遂行に当たらせることが役割。

リーダーは、組織の目的を明確化して、進むべき方向を示し、組織内の合意形成を得て組織を動かしてゆく事が役割。

*南カルフォルニア大学リーダーシップ研究所ウォーレン・ベニス所長

  1、マネージャーは「管理」し、リーダーは「革新」する。

  2、マネージャーは前例の「模倣」で、リーダーは常に自らが「オリジナル」である。

  3、マネージャーは「維持」し、リーダーは「発展」させる。

  4、マネージャーは「秩序に準拠」し、リーダーは「秩序を創り出す」。

  5、マネージャーは「短期的視点」を持ち、リーダーは「長期的な見通しを持つ」。

  6、マネージャーは「いつ、どのように」を、リーダーは「何を、なぜを」問う。

  7、マネージャーは「損得」に、リーダーは「可能性」に目を向ける。

  8、マネージャーは現状を「受け入れ」、リーダーは現状に「挑戦」する。

  9、マネージャーは「規則や常識通り」に行動し、リーダーは最善の結果の為なら、「規則を破ることも辞さない」。

 10、マネージャーは「能吏」であり、リーダーは「高潔な人格」が求められる。

    高潔な人格は、信頼の基礎。中身は「自己認識・誠実・成熟」。

by 平岡和矩(経営ソフト研究所


◆変えよう、組織のオペレーション「ラーニング・オーガニゼーション」

「組織防衛本能」の病理 - 松本徹三 より

しかし、これは、突き詰めると、人間が本来持っている「組織防衛本能」なのではないかと、最近では思うようになりました。これは「組織に対する忠誠心」と言ってもよく、また「現行体制を変えることに対する漠然たる恐怖心」と言ってもよいかと思います。これを「日本人固有の性向」と言うのは性急かもしれませんが、少なくとも、「日本人に特に色濃く見える傾向」ということは言えるでしょう。

このことは、大げさに言うと、農耕民族として生きてきた「日本人の歴史的背景」と、キリスト教やイスラム教のような唯一神を持たない「日本人の精神構造」とも関連していると思います。

農耕民族は、基本的に決められた土地を守り、巡ってくる季節が収穫をもたらすのを待ちます。新しい土地を開拓したり、不順な天候と闘ったりすることは、出来れば避けたいことです。唯一神に対する信仰がなければ、事の善悪よりも、組織や家父長に対する忠誠がより重要とみなされることになります。

一方で、このような「本能」或いは「心理」は、「既得権を守る」行動にも当然つながっていきますし、何事によらず、「改革・開放政策」に対しては、抵抗勢力として作用します。また、組織ぐるみでの不適切な慣行があった場合には、隠蔽工作につながっていきます。要するに、あまり良いものは生み出していないようなのです。

変化の激しい時代にあって、組織防衛に走ったらいい組織をつくる事は余計できなくなる。
ラーニング・オーガニゼーションにより持続的に自己改革してゆかなければならない

「組織防衛本能」の病理 - 松本徹三

ラーニング・オーガニゼーション


◆顧客満・CS(カスターマーサティスファクション)向上運動

「customer satisfaction」は、顧客が物品やサービスを購入または利用したりするときにその物品やサービスに満足を感じること。顧客満足が高いと顧客のリピート率が上昇し、結果として売上などの面においていいと考えられている。

顧客満足とは、現在から未来へかけて、欲しい顧客と良好な関係を築くこと

顧客満足セミナー(NPOh法人顧客ロイアリテイ協会)
↑18回に分けて解説されていて大変参考になります。


★長嶋への連絡

:鎌倉市議会議会事務局内23-3000(内線2448)

:〒248-0012鎌倉市御成町18-10本庁舎2階

:メールkamakurasi@gmail.com

twitter@nagasi…気軽にフォローお願いします

Facebook;長嶋竜弘…友達申請してください

皆様のご意見お待ちしています。
皆様とダイヤログ(対話)をどんどんやりたいと思っています。

◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆


« ◆鎌倉シルバー人材センター | トップページ | ◆今、鎌倉に必要な事 「変えると言う事」 »

議会・議員」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆鎌倉シルバー人材センター | トップページ | ◆今、鎌倉に必要な事 「変えると言う事」 »