« ◆クリスマス | トップページ | ◆鎌倉市議会の議員定数削減について »

2012年12月26日 (水)

◆対応能力と当事者意識の低さ

人権問題、組織のオペレーション、部下のマネージメント、CS(カスタマーサディスファクション)、コミュニケーション能力、等の人の心にかかわる問題に関しては、役所はその対応能力が極めて低いと言わざるをえない。

これはやはり圧倒的に一般社会での経験不足によるところが多いように思う。

現状を改善するには、外に研修に出すこと、外の血を入れる事が必要だと思う。

それより大事な事は対話する事。

また対応能力が欠如しているので、どう対応したらいいかわからないという事があるようですので、それだったら1人のリーダーで決めないで、あらゆる方々が入って、対話をして合議で決めればいいと思います。

この複雑な社会環境の中1人のリーダーに判断をゆだねる事には限界があると思います。

問題解決にはダイアログが必要です。

◆◆◆◆

経営者は従業員の習慣を変えなさい
よい成果を上げられなかった従業員はクビにする必要がある。

だが多くの従業員は、行うべきことをきちんと示されることもなければ、その仕事をする理由への説明も十分に受けていない。

やろうと思えば成果を上げられるのに、それに必要な初期研修も継続研修も行われていない。

広告宣伝やビルの内装や外装、施設に多くの金をかける経営者は、従業員の研修にかける費用を惜しみ、また従業員のことを気にしている暇もない。

これは一種の伝染病だ。

トップシークレットのミッションは、経営陣しか理解していない。

From 世界一シビアな「社長力」養成講座


http://www.directbook.jp/brm/index_fb.html

◆◆◆◆

また権限を持った方々の当事者意識の低さは大きな問題である。

都合が悪くなるとだんまりを決め込み、なにもやらなくなる。

現場などには自らの意思で出向かないし、当事者と話もしない。

指摘をすると言い訳ばかりが返ってくる。

あなた達が決断をして行動しないからどんどん状況が悪くなっているのです。

「臭い物に蓋」で結局弱いものが被害者になり、うやむやのまま葬り去られる。

上に書いた「人」の問題で、議員になって幾つかの事例に遭遇したが、まったくやるせない。

議会は執行機関ではないので、支持・命令はできない。

意見を言うか、提案をするしかできない。

議会の権限でできる事は本当に少ない。

これからは少しやり方を変えてみたいと思います。

傾いた会社を立て直してきた経営者は徹底した現場主義。

やはりこれは見習わないといけない。

問題は会議室で起きているいるんじゃあない!現場で起きているんだ!

◆◆◆◆◆◆◆◆

長嶋たつひろHP

◆◆◆◆◆◆◆◆


« ◆クリスマス | トップページ | ◆鎌倉市議会の議員定数削減について »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆クリスマス | トップページ | ◆鎌倉市議会の議員定数削減について »