« ◆鎌倉広町の森 田植え祭 | トップページ | ◆一般質問のテーマは、パラダイムシフト »

2013年6月 3日 (月)

◆鎌倉評論第35号

鎌倉評論第35号←クリック

平井たかしさんの何時もの新聞を頂いた。
相変わらず文章がお上手。
私の言いたい事を何時も代弁してくれているように思います。
下記に一部分を転記させていただきます。


議会ではいたずらな政争は止めるべきであり、市民のためになるよう、話し合いや妥協で事を運ぶべきだ。

鎌倉議会では会派が自己の主張に固執し、話し合いや妥協を探らないことが多い。

その迷惑を受けているのは市民である。

政治は妥協である、という言葉を思い出すべきだ

Webはこちら



☆鉄血宰相ビスマルクの言葉

『政治とは妥協の産物であり、可能性の芸術である』

◆◆◆◆◆◆◆◆

長嶋たつひろ 政策112項目
みんなで創る、夢のあるまち鎌倉』 長嶋たつひろHP

長嶋たつひろブログ

Facebook

Twitter

◆◆◆◆◆◆◆◆


« ◆鎌倉広町の森 田植え祭 | トップページ | ◆一般質問のテーマは、パラダイムシフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆鎌倉広町の森 田植え祭 | トップページ | ◆一般質問のテーマは、パラダイムシフト »