« ◆平成25年市議会12月定例会各常任委員会報告事項 | トップページ | ◆「鎌倉市子宮頸がんワクチン予防接種後の体調の変化に関する状況調査報告」 »

2013年12月11日 (水)

◆子宮頸がん予防ワクチン 鎌倉市状況調査

11月6日全国市議会議長会評議員会が開催され、部会提出議案第8号「HPVワクチンの接種を一時中止し、重篤な副反応の追跡調査と被害者救済を求めることについて」が採択され政府に提出されることになった。

これは大変大きな意味を持つ結果だと思います。

Hpv_3

↑クリックで拡大

東京都市長会ではヒトパピローマウイルス感染症の定期接種に関する要請という文章を提出しているほか、野田市ではワクチン接種を見合わせていたり、多くの議会で意見書などが可決しております。


鎌倉市議会では、

・6月議会 子宮頸がんワクチン意見書 の提出提案を否決

・9月議会 子宮頸がんワクチン陳情 は継続扱い

副反応がこれだけ沢山出ているにも関わらず、大変後ろ向きな判断しかされておりません。

鎌倉市議会9月定例会の陳情審査で、長嶋が松尾市長の理事者質疑をさせていただき、全国市議会議長会が今回出してきた内容と同様の、一時中止と実態調査を求めました。

その結果、一時中止は実施されませんでしたが、実態の調査は「今日からやります」との答弁をとり、全国の初の実態調査が行なわれました

⇒詳細は 世界日報 参照


その後実施された調査結果

憂慮 すべき事態です。

Photo

↑クリックで拡大

1

↑クリックで拡大

2

↑クリックで拡大

3

↑クリックで拡大

4

↑クリックで拡大

5

↑クリックで拡大

6

↑クリックで拡大

8

↑クリックで拡大

9

↑クリックで拡大

10

↑クリックで拡大

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

「鎌倉市放射線空間線量」 12月8日現在

鎌倉市議会議員 長嶋たつひろHP

鎌倉情報リンク集

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


« ◆平成25年市議会12月定例会各常任委員会報告事項 | トップページ | ◆「鎌倉市子宮頸がんワクチン予防接種後の体調の変化に関する状況調査報告」 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆平成25年市議会12月定例会各常任委員会報告事項 | トップページ | ◆「鎌倉市子宮頸がんワクチン予防接種後の体調の変化に関する状況調査報告」 »