« ◆鎌倉文学館 ばらまつり 2014  | トップページ | ◆地震は予測可能な時代です! »

2014年5月12日 (月)

◆鎌倉のお店の道路交通法違反

下記は、道路交通法第76条違反ですよね?

他にも道路交通法違反をしている場所は沢山ありますが、市が指導して是正がされなければ、警察の出番になると思います。

先日、議員のポスターの件でも書きましたが、鎌倉の街はどんどん節度がなくなっているように思います。

こういう記事書くとまた嫌われますが、駄目なものは駄目ですよね皆さん。

吉田松陰の名言

末の世において、道義を実践したならば、

必ず、その時の人々から、極端と言われる。

逆に言えば、世人から極端と言われないなら、

それは、決して道義ではなく、迎合に過ぎない。

1

↑クリックで拡大 5月9日(金)撮影

大きくはみ出しています。

2

↑クリックで拡大

ドアが開きっぱなしで道をふさいでいるうえに、ディスプレーまで道路とは・・・

1

↑クリックで拡大 道路が売場になっています

2

↑クリックで拡大   5月9日(金)撮影

3

↑クリックで拡大 5月9日(金)撮影

1_2

↑クリックで拡大

こちらは大きくはみだしています。
搬入の車の横は横断歩道で人がたまる場所の為、大変危険な状態でした。

Photo

↑クリックで拡大

完全に通路が売り場になっています。
こちらは駐輪場がないので、歩道向かい側は常に買い物客の駐輪場になっています。

Photo_2

↑クリックで拡大

お店の外の通りに椅子やテーブルを設置して座って食べられるようにしているのが最近特に目立ちます

Photo

↑クリックで拡大  5月9日(金)に再確認して同様の状況

1月27日に相手方に対し道路管理者として市役所が注意をしています。
その後も改善が見られないことから、交通管理者(警察)と取締りができないかどうか協議を行ないたいとの事です。
ここは混雑する踏み切りのすぐ前で大変危険です。
警察さん早急に取り締まりお願いいたします。

1_2

↑クリックで拡大 鎌倉山の某高級料理店客用駐車場

ありえないはみ出方ですが、白線が引かれていて、お客さんはその通りに駐車しています。

2_2

↑クリックで拡大 

このお店確かミシュラン★とっていましたよね?
市役所も来客者車両が市道に張り出して駐車をしているのを数回現認。
2週続けて店の責任者に対し改善するよう申し入れをしてくれたとの事です。
 

1

↑クリックで拡大 
先日こちらのお店に初めて伺いました。
毎晩お店の前を通るので、自転車は止められない事がわかっていましたので、私は歩いて行きました。
お店を利用する側の意識も重要です。

*****************

第5章 道路の使用等

第1節 道路における禁止行為等 (禁止行為)

第76条何人も、信号機若しくは道路標識等又はこれらに類似する工作物若しくは物件をみだりに設置してはならない。

2 何人も、信号機又は道路標識等の効用を妨げるような工作物又は物件を設置してはならない。

3 何人も、交通の妨害となるような方法で物件をみだりに道路に置いてはならない。

4 何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。

(1) 道賂において、酒に酔つて交通の妨害となるような程度にふらつくこと。

(2) 道路において、交通の妨害となるような方法で寝そべり、すわり、しやがみ、又は立ちどまつていること。

(3) 交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること。

(4) 石、ガラスびん、金属片その他道路上の人若しくは車両等を損傷するおそれのある物件を投げ、又は発射すること。

(5) 前号に掲げるもののほか、道路において進行中の車両等から物件を投げること。

(6) 道路において進行中の自動車、トロリーバス又は路面電車に飛び乗り、若しくはこれらから飛び降り、又はこれらに外からつかまること。

(7) 前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が、道路における交通の危険を生じさせ、又は著しく交通の妨害となるおそれがあると認めて定めた行為

(罰則 第1項及び第2項については第118条第1項第4号、第123条 第3項については第119条第1項第12号、第123条 第4項については第120条第1項第9号)


« ◆鎌倉文学館 ばらまつり 2014  | トップページ | ◆地震は予測可能な時代です! »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆鎌倉文学館 ばらまつり 2014  | トップページ | ◆地震は予測可能な時代です! »