« ◆鎌倉市 6月の市民相談 | トップページ | ◆新会派結成 「草莽の会」 »

2014年6月 2日 (月)

◆自転車半島宣言 神奈川新聞さん3度目の掲載

私が問題を指摘している「自転車半島宣言」について神奈川新聞さんが3度目の掲載をしていただきました。

*問題点について今一度整理しましたのでご覧ください

001_2

↑クリックで拡大


●神奈川新聞報道、自転車パンフ道交法問題について

平成26年5月27日付け NPO横須賀創造空間 副代表理事 亀崎昌義 氏より 

 全文のPDFは こちら

行政担当者の見解

・自治体とも、本パンフは「道交法違反」にあたるとは誰も考えていません。

・法令に違反しているとの指摘が寄せられたのは、鎌倉市の市会議員ただ1人です。

 行政としては、議員指摘に対応して何度も話し合いを行い、クレーム対応は終わっています。

NPO横須賀創造空間としての見解

・行政・警察とも確認しましたが違法性はないものと判断されています。

NPOとして神奈川新聞に対して、写真の不当な扱い(肖像権・人権侵害)について抗議を行いました。


ほ~そうですか?

並走と右側通行が道路交通法違反ではない?

何度も?クレーム?終わっている?

これ誰に聞いてかいているのでしょうかね?

終わってなどいませんし、何度も話し合いなんかしていません。

問題視している鎌倉市議会議員が私1人かどうか全員に確認されたのでしょうか?

また、現在神奈川県警さんには私からは公式見解を出すように頼んでいますが、どこの警察の何方がそう言われているのか?

公式見解の文章をもらってきちんと出していただきたいと思います。

また、もう少し法律勉強してからこういった文章だされたほうがいいと思います。

行政担当者の見解との事で出されている文章ですので、松尾市長以下、鎌倉市役所としてそういっていると言う事で理解しました。

勝手な解釈と虚偽がある内容ですので、議会の場で徹底的にやらせていただきます。

まったく呆れた市長と市役所です。

002

↑クリックで拡大


議員提案でつくった条例も無視。議会もなめられたものです。



そして行政が作った計画。それもどうでもいいようです。

鎌倉の観光はおもてなしの心をかかげています。
この冊子を見ておもてなしの心を感じられますか?
はっきり言って道が詳しい地元の人間でもこの地図ではわかりません。
非常に不親切です。


残念ながら、松尾市長はじめ、鎌倉市の職員は、人の気持ちが全くわからない方々のようです。

私や私の仲間の方々が自転車のルール違反について、どれだけ多くの人達に注意をしてきたか?
そして、私は議会の場で何度も路上指導員の設置など対策を提案しています。
また、いままで自転車のルール違反について記載した新聞を何度も発行しており、配布枚数はのべ10万枚程度にはなっています。

これらの事は松尾市長はご存じなはずです。

注意するのは勇気が要りますし、大きなストレスになります。
逆切れされる事も頻繁にあります。
しかし、我々が注意をする事で本人及び相手側が不幸になる事をふせげるから注意しなければ、そういう思いで、やりたくはありませんがやっています。

最近では事故の数ももちろんですが、自転車に乗る側が加害者として多額の支払いを命じられる事が多く発生しています。

皆さん、1億円支払いできますか?

私は自転車安全整備士・自転車組立整備士の有資格者です。
このように各首長さん達が自転車の事を安易に考え作成された冊子で、こういった自転車のルール違反を助長させるような内容を掲載をしている事は絶対にゆるせません。

鎌倉市が関係ない所でやられるのでしたら私はなにも申し上げませんが、そうでない以上認めるわけにはいきません。


『ガンディー 魂の言葉』
人は欠点に気づいたならば、即座にそれを改めなくてはならない。
改める行為そのものが、人間にとって価値ある正しいことなのだ。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

↓↓↓見ていただいて地震に備えてください!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


« ◆鎌倉市 6月の市民相談 | トップページ | ◆新会派結成 「草莽の会」 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆鎌倉市 6月の市民相談 | トップページ | ◆新会派結成 「草莽の会」 »