« ◆鎌倉つつじ・ふじ・新緑 4月22日(金)撮影写真 | トップページ | ◆2016年 鎌倉・イベント、ミュージアム展示 »

2016年4月23日 (土)

◆稲村ケ崎下水流出事故について①

※記者発表は こちら

Img317
↑クリックで拡大

  ↑クリック
平成28年4月14日(木)から、稲村ガ崎の法面の一部が崩落し、また国道134号の歩道が陥没したことにい、交通規制が行われています。
市では、国道の歩道内に市の下水道管(φ800ミリ)が埋設されていましたので、道路管理者である奈川県の協力を得て、防護対策の準備等を進めていましたが、4月22日(金)の午後3時ごろ、下水道管のつなぎ目部分からの漏水が発生しました。

このため、同日午後9時ごろから鎌倉市坂ノ下付近にある鎌倉市公共下水道西部ポンプ場において下水の送水を停止し、消毒剤を投入した上でポンプ場東側の国道134号道路護岸脇から海へ下水の放流をしています。
市では、現在、市下水道管の復旧と送水の回復に向け鋭意取り組んでいますが、放流を行っている付近には、極力、近づかないようにお願いします。
今後も、迅速かつ適切な対応を進めてまいります。

Img323
↑クリックで拡大

稲村ガ崎における下水流出事故について 続報

稲村ガ崎の法面の崩落に伴い、国道 134 号の歩道部に埋設している市の下水道汚水圧送管の防 護措置を講じようとした際に、その継手部分からの漏水を発見したため、ポンプ場からの送水を 停止し、消毒剤を投入した上で、ポンプ場東側の海岸護岸脇から海へ下水の放流をしています。

2.発見から現在に至る経過
平成 28 年4月 14 日に稲村ガ崎の法面が崩落したことにより、国道 134 号沿いの歩道が陥没 しました。
国道の歩道内には汚水圧送管(φ800 mm)が埋設されているため、道路管理者である神奈川県 の協力を得て、防護対策の準備を進めていましたが、4月 22 日の午後3時ごろ、汚水圧送管の 継手部分から漏水が発生していることを確認しました。

既存の汚水圧送管は、管の下側の地盤が崩落しているため、根本的な対策が必要であり、相当 の時間を要することから、緊急措置として、同日午後9時ごろから鎌倉市坂ノ下付近にある鎌倉 市公共下水道西部ポンプ場からの圧送を停止しました。

これに伴い、やむを得ず同ポンプ場に集まる汚水に消毒剤を投入した上で、一時的にポンプ場 東側の道路護岸から海へ放流せざるを得ない状況となっています。
約 17,000 世帯の下水で、その推定量は約 22,000 立方メートル/日です。

・市の対応 漏水箇所の2次被害を防止するため、西部ポンプ場からの圧送を停止し、汚水の滅菌処理を
行い海に放流しています。また、放流箇所付近の8箇所について水質調査を実施しています。 ・関係団体への連絡
県横須賀三浦地域県政総合センター、鎌倉漁業協同組合、腰越漁業協同組合、鎌倉マリンス ポーツ連盟等へ報告しました。

既存の圧送管は、管の下側の地盤が崩落していることから部分的な補修では困難であることが 判明したため、応急的に別ルートを確保することで、4月 28 日中の送水再開を目途に、仮設管 設置作業を進めています。

また、破損した管きょの本復旧についても引き続き検討しています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


所属課室:都市整備部都市整備総務課

電話番号:0467-23-3000

内線:2397

メール:tosiseib@city.kamakura.kanagawa.jp

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

これまでの経過←鎌倉市HP

神奈川新聞 ←記事3っつあり


TVKニュース

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

長嶋竜弘 Facebookページ

鎌倉市地震津波情

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


« ◆鎌倉つつじ・ふじ・新緑 4月22日(金)撮影写真 | トップページ | ◆2016年 鎌倉・イベント、ミュージアム展示 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆鎌倉つつじ・ふじ・新緑 4月22日(金)撮影写真 | トップページ | ◆2016年 鎌倉・イベント、ミュージアム展示 »