« ◆元米軍少佐から教わる誰でも出来るテロ対策 | トップページ | ◆鎌倉市/9月の市民相談 »

2016年8月31日 (水)

◆ゆるせない、超隠ぺい体質、監査委員軽視の鎌倉市役所

本日「不適切な事務処理に関する調査委員会」が開催されます。
傍聴しようと思い、総務部次長に今日はどうなっているのですか?と聞きに行ったのですが、「今日は秘密会なので傍聴はできません」と言われました。

私は鎌倉市議会選出の監査委員です。
今後、この案件は地方自治法に基づき下記が監査委員に求められます。
その内容を話す回を、監査委員に傍聴させないと言うのですから、狂っているとしか思えません。

地方自治法第243条の2

3.
普通地方公共団体の長は、第一項の職員が同項に規定する行為によつて当該普通地方公共団体に損害を与えたと認めるときは、監査委員に対し、その事実があるかどうかを監査し、賠償責任の有無及び賠償額を決定することを求め、その決定に基づき、期限を定めて賠償を命じなければならない。
8.
第三項の規定により監査委員が賠償責任があると決定した場合において、普通地方公共団体の長は、当該職員からなされた当該損害が避けることのできない事故その他やむを得ない事情によるものであることの証明を相当と認めるときは、議会の同意を得て、賠償責任の全部又は一部を免除することができる。この場合においては、あらかじめ監査委員の意見を聴き、その意見を付けて議会に付議しなければならない。


第9回不適切な事務処理に関する調査委員会

http://kamakurasi.air-nifty.com/blog/2016/07/9-f452.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆

 


« ◆元米軍少佐から教わる誰でも出来るテロ対策 | トップページ | ◆鎌倉市/9月の市民相談 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆元米軍少佐から教わる誰でも出来るテロ対策 | トップページ | ◆鎌倉市/9月の市民相談 »