« ★鎌倉ミュージアム展示 8月 | トップページ | ◆台風と地震の関係 »

2016年8月15日 (月)

◆県道の事故の影響で旧鎌倉地区は大混乱!

8月10日(水)の午後、県道藤沢鎌倉線の常盤口バス停前で、車3台による事故が発生(写真撮影者目撃情報より)

Photo
↑クリック

Photo_2

↑クリック

その後、下記twitter情報によると午後18時40分まで片側交互通行が行われていたようです。
解除:片側交互通行
藤沢鎌倉線(32号線)上り・下り
鎌倉市八雲神社前⇄鎌倉市常盤口
[衝突事故](18時40分現在)
Photo_3
↑クリック

片側交互通行解除の少し前の時間に、同僚議員と藤沢に向かおうと鎌倉市役所を出て、市役所通りは佐助一丁目の交差点まで渋滞がつながっていました。
上の写真は坂ノ下ですが、極楽寺坂まで渋滞がつながっていました。

Photo_4
↑クリック

こちらは事故現場裏の笛田の水道道。
上下線ともずーっと渋滞の列がつながっていました。

今回の出来事は県道藤沢鎌倉線が事故で片側交互通行になっただけですが、旧鎌倉地区は大混乱に陥ってしまいました。
鎌倉の道路環境は非常に悪い。今回一番弱い場所で起こった事故なのでこうなった。災害時の事なども考えると、道路の整備は改めて考える必要があると強く感じました。

県道藤沢鎌倉線は現在の交通量から考えても道路拡幅は絶対必要です。道路幅があればこんな混乱状態にはならなかったはずです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

長嶋竜弘HP

鎌倉ミュージアム8月の展示

鎌倉市地震津波情

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


« ★鎌倉ミュージアム展示 8月 | トップページ | ◆台風と地震の関係 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ★鎌倉ミュージアム展示 8月 | トップページ | ◆台風と地震の関係 »