« ◆公益法人の各機関の役割と責任 | トップページ | ◆観光協会補助金46684千円削除予算修正案可決 »

2017年3月22日 (水)

◆観光協会と商工会議所が出してきた公開質問状に対して

中沢議長の18日のtwitterのツィートです!

観光協会と商工会議所が出してきた公開質問状に対してのツィートです。

,

○中沢 克之 (鎌倉市議会議長)‏ @nakazawajimusho 3月18日

会派議員の議会内での発言に対して、議会外から「公開質問状」が届いています。

議会内での発言は、議会で責任を負うもの。 鎌倉市議会会議規則 第59条 発言は、その中途において、他の発言によって妨げられることはない。

もし、発言に問題があるなら。

第131条 
懲罰の動議は、文書をもつて4人以上の発議者が連署して、議長に提出しなければならない。
2 前項の動議は、懲罰事犯があつた日から起算して3日以内に提出しなければならない。ただし、第119条第2項の違反に係るものについては、この限りでない。

つまり、鎌倉市議会としては、会派議員の議会内での発言に関して、問題無いとすでに判断。 議長としても、問題とはとらえていません。

「今の鎌倉市議会、本当に変わったよね。本当に、よくやっている。市民の味方だよ」。
今日、声をかけていただきました。 心から、嬉しく思います。 これからも、市民の皆さんのために働きます。

市議会議員として、市民の皆さんの声に応えようとすると、ことごとく邪魔をしてきたのが、今までの鎌倉政界。 会派「公正と法」が改革してきました。 そして。 「改革の次へ」。

会派「公正と法」は、議長、監査委員、議運委員長、予算等審査特別委員長がいます。
全て、議会で過半数の議員の議決。 信託されましたので、全力で改革を進めてきました。
改革の次へ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

平成28年10月1日観光案内所移設オープン

鎌倉市観光協会「雇い止め」問題-①

「労働基準法第15条違反」と「雇い止め」問題

鎌倉市観光協会「雇い止め」問題-②

 公益法人の各機関の役割と責任

鎌倉市観光協会「雇い止め」問題-③

 東京新聞記事

鎌倉市観光協会「雇い止め」問題-④

 鎌倉市観光協会補助金削除修正案可決

鎌倉市観光協会「雇い止め」問題-⑤

 鎌倉市観光協会が言論封殺

鎌倉市観光協会「雇い止め」問題-➅

 坊ちゃん葉山記事

鎌倉市観光協会「雇い止め」問題-⑦

 観光協会に対するあからさまな利権誘導

雇い止め問題面談記録情報公開請求-①

雇い止め問題面談記録情報公開請求-②「弁明書」

雇い止め問題面談記録情報公開請求-③「反論」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

長嶋竜弘HP←各Web入口あり

スーパー便利な鎌倉リンク集

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


« ◆公益法人の各機関の役割と責任 | トップページ | ◆観光協会補助金46684千円削除予算修正案可決 »

議会・議員」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆公益法人の各機関の役割と責任 | トップページ | ◆観光協会補助金46684千円削除予算修正案可決 »