« ◆鎌倉市職員募集! | トップページ | ◆ごみ処理広域化に関する首長協議 »

2019年5月12日 (日)

◆これが、鎌倉市役所のとんでもない実態!「鎌倉市平成30年度職員意識調査」

 

「鎌倉市平成30年度職員意識調査」

↑詳細クリック

①法令等に違反する行為に直面した事がある→36名
②疑わしい行為を感じた事がある→162名
③この1年にセクハラを受けた経験がある→14名
④現在も受けている→5名
⑤この1年間にセクハラと思われる行為を受けた事がある→34名
⑥現在もセクハラと思われる行為を受けている→4名

私のHPの政策『鎌倉草創八策
2.「市民の為、街の為に、心から動く市役所を創る」より

鎌倉市役所では不祥事が多発しています。市民の皆様の不満の声はつのるばかりです。
また、様々な政策を提案しても「動かない」役所では、政策は実現できません。
今の鎌倉市役所は自分達の為に動いている市役所です。そこが根本的に間違っています。
市民の為、街の為に心から動く市役所への大転換が必要です。

改善すべきポイント
改善すべき大事な事は、マニアルとか制度とかではありません。
組織の体質・風土であり、組織に働く人達のマインドです。
「役所の都合」ではなく、「市民の都合」を考えて寄り添う事が必要です。
そして「対話」を重視して、「チームで仕事」をする事が重要です。

以下6点が大事

①職員同士のコミニュ二ケーション向上
 上司と部下、先輩と後輩がランチを一緒にする姿が見られる職場。
 まず、そこから始めませんか?

②適材適所の人員配置
 もったいない人材が沢山うもれています。

③執務室の改善
 市役所移転に向けて未来のオフィス創りが重要です。

④労務管理・業務効率の改善
 きちんとできていません。大企業を見習えばいいだけの事です。

⑤管理職のマネージメント向上
 ここが最もできていない部分です。かなり重症。

⑥採用と教育
 未来に向けた投資が必要です。

以下提案しております
・CS(顧客満足向上)マネージャー、ES(職員満足度向上)マネージャーの設置
・チーフハピネスオフィサーの設置
・チーフウエルネスオフィサーの設置
・執務室、労務管理、業務効率の改善は民間の力を借りる

鎌倉市職員行動憲章
1 市民のための市役所であることを意識し、市民の立場で行動します。
2 法令や社会規範を守り、誠実・公正に職責を果たします。
3 コスト感覚を持ち、迅速な対応を心がけます。
4 慣例や先例にとらわれず、常に問題意識を持って職務にあたります。
5 縦割りではなく、市役所の総力を結集して質の高いサービスを提供します。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

残業と不祥事の因果関係

ごみ焼却炉建設断念

4年連続で給与を上げる条例

鎌倉市役所一連の不祥事 

松尾市政、未解決問題・課題

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


« ◆鎌倉市職員募集! | トップページ | ◆ごみ処理広域化に関する首長協議 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆鎌倉市職員募集! | トップページ | ◆ごみ処理広域化に関する首長協議 »