鎌倉ごみ問題

2019年12月 2日 (月)

◆ごみ問題、市民を騙す詐欺まがいの手口

住民、審議会、議会が了承していないのに、メディアに決まったかのように大々的に公表して報道させる、何時もの手口に騙されてはいけない👀‼️

これでは焼却炉延命化策では無く、市長延命化策😤


しかも、逗子市、葉山町までぐるになってやっている。この余りに酷い計画案で良しとしている、逗子市桐ヶ谷市長、葉山町山梨町長も無責任極まりない。

可燃ごみ、逗子で処理へ 3市町広域処理のたたき台(神奈川新聞)

鎌倉市 可燃ごみ焼却を逗子市に委託へ(TVK)

 

①生ごみ減容化施設、住民は"No"

岩瀬,今泉,今泉台各町内会と鎌倉市との協定書 ←クリック

今泉クリーンセンターは現在ごみ中継施設として使用中。それ以外の使途にする場合は3町内会の皆様の"同意を得るものとする"」と協定書に記載されている

鎌倉市・逗子市・葉山町ごみ処理広域化実施計画(素案)に記載されている「生ごみ資源化施設」は、今泉クリーンセンターの場所で建設を計画している。

議会の各町内会へのヒアリングでは「建設に猛反対 」である事が分かった。
協定書どおりなら建設はできないはずだが、3町内会の皆様の意向は全く無視してごり押ししようとしている。

注:生ごみ資源化施設で処理するには、そもそも、市民の皆様が生ごみを更に分別して週2回出す必要があります。それやらせるのですか?分別協力率もどの程度得られるのか?アンケートの回答でしか検討していないのが実態です。

 

②逗子市側の受け止め方は❓

2024 年度鎌倉の名越焼却停止→停止後逗子の焼却炉に持ち込む→2025年度焼却ごみ(鎌倉15,727t、逗子・葉山11,086t)(逗子の焼却炉は2万トン焼却が限度、全て処理できないので自区外処理6,813t)→その後逗子焼却炉停止(2035年目処)→その後全量自区外処理


👉先日、逗子の審議会があったそうですが、逗子の焼却炉停止後に「自区外処理を検討する」という方針に、複数の委員から具体性がなく、行政として無責任、と非常に反発されており、了承出来かねるとの事だったそうです。

👉また、広域化計画では「ゼロウェイストを目指す」と言いながらも全くそれに向けた対策等が示されておらず、その部分でも異議が多く上がっていたとの事です。

👉逗子の焼却炉の稼動は何年までなのか?逗子の審議会では下記音声データを聞くと、最低でも令和16年(2034年)と言っているがはっきりしない。
逗子審議会では、焼却炉は稼動から停止予定まで53年、大丈夫なのか?との懸念の声も出ていた。

令和元年度第 1回逗子市廃棄物減量等推進審議会(2019年11月22日審議会音声データ抜粋19分)

注:逗子市の焼却炉はかなり老朽化具合が激しいです。バグフィルターの交換含めて20億程度は費用がかるとの事です。また、当然ですが焼却してもらうのには処理費用を逗子市さんに払う訳です。財政難の逗子市さんにとっては受け入れは好都合だからやるのでは?

 

③ごみ処理量が1万5千トン❓

え、何❓、あと6年でどうやって半分に減らすの❓

今鎌倉の焼却ごみは約3万トン、名越焼却炉停止後の2025年度の処理量は15,727tと言っている。

①の「生ごみ資源化施設」が出来ない事はもう確定的なので、すでにこの計画は無理な事も確定的。

注:更にこれらをやらないと半減実現は不可能と言える。

・「オムツの資源化」

→山崎浄化センター敷地内での施設整備を企んでいる。

・「事業系生ごみ資源化」

→鶴見に民間施設が新しく出来るが、排出事業者がここに出すのは経費がかさむと思われる。また、受入側のキャパもそそう多くは無いと思われるので、何処までの量を受入出来るのか不明。

こんな内容で焼却ごみを半分減らせる訳がない。めて”デタラメ"な計画内容です。

このままでは「ごみがあふれます」。

 

④自区外処理は全く決まっていない❗

将来、逗子市焼却炉稼働停止後は、逗子市・葉山町のごみと合わせて鎌倉市のごみは、全量自区外で処理するとしているが、処理先が決まっていないのに決まったのかごとく発表している。

 

⑤鎌倉市の中継施設は一体何処に?

逗子の焼却炉停止後、自区外処理に移行すると、逗子市と葉山町のごみは鎌倉市の中継施設に全量持ち込んで、10t程度のトラックに載せ替えて何処かに持って行く事になる。この中継施設、名越の焼却炉跡地以外考えにくい。場合によっては山崎浄化センター敷地内なども考えられる。
現在、今泉焼却炉跡地のピットを中継施設として使用しているが、これが焼却炉稼動していた頃より臭いのである。

注:中継施設候補地近隣住民の皆様、騙されないようにご注意下さい。

 

😠💨鎌倉はごみ非常事態である😭

 

鎌倉市・逗子市・葉山町ごみ処理広域化実施計画(素案)について

👉P45の第7章 ごみ処理施設の整備方針からご覧下さい

 

★実施計画(素案)の説明会
日時:令和元年12月21日土曜日、午前10時から正午まで、場所:鎌倉商工会議所会館
☝️皆さん是非参加して下さい🙏

 

👇👇👇
私は深沢整備事業用地に何らかのごみ処理施設を建設して、エネルギー回収する事を考えるべきだと思います。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

鎌倉市議会12月定例会長嶋一般質問

【鎌倉市政に異論反論オブジェクションVOL.9】

~鎌倉市政は非常事態、今、NOと言える議会、PDCA・支配型リーダーシップからの脱却、対話によるまちづくりが必要~

①気候非常事態、災害と経済
②ごみ非常事態、無計画なごみ処理計画
③開発非常事態、深沢整備事業と本庁舎移転
④観光非常事態、観光立市鎌倉の正体

9月議会長嶋一般質問動画

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

12月定例会詳細 ←クリック

12月定例会は12月4日から始まります

長嶋の一般質問は4日の2番目

→早くて11時半頃~

→遅くて13時10分~

※議会生中継動画リンク

スマホ・タブレット

パソコン

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

| コメント (0)

2019年11月28日 (木)

◆今泉クリーンセンターの管理運営に関する協定書

岩瀬、今泉、今泉台の各町内会と鎌倉市との協定書。
今泉クリーンセンターは、現在中継施設として使用中。

それ以外の使途にする場合は「同意を得るものとする」と記載。

 

Img397

↑クリック

 

Img398

 

↑クリック

 

 「2市1町ごみ処理広域化実施計画」に記載されている「生ごみ資源化施設」は、今泉クリーンセンターの場所で計画している。
しかし、先日の議会の各町内会の皆様へのヒアリングでは建設に反対の意思が明確。

つまり、2市1町のみ処理広域化実施計画は最初から実現不可能な内容である事が発覚

↓↓↓しかし、下記の発表をしている↓↓↓

3市町の可燃ごみ処理、逗子で 稼働停止後は民間・区域外 

↑ 神奈川新聞記事

 鎌倉市・逗子市・葉山町ごみ処理広域化実施計画(素案)について

実施計画(素案)の説明会
日時:令和元年12月21日土曜日、午前10時から正午まで
場所:鎌倉商工会議所会館 

↑↑↑

決まっていないのに決まったのかごとく発表して、また本庁舎と同じように市民を騙す詐欺まがいの手口。しかも、逗子市、葉山町までぐるになってやっている。

異常事態である。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

鎌倉市役所一連の不祥事

決算不認定長嶋怒りの討論

ごみ問題長嶋怒りの討論

ごみ焼却炉建設断念

4年連続で給与を上げる条例

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

| コメント (0)

2019年10月18日 (金)

◆2019年観光厚生常任委員会視察

10月16日~17日、観光厚生常任委員会で香川県に視察に行かせていただきました。
   
   ↑クリック、各写真に解説記載
72483558_2507165399371762_96498700718283
香川東部溶融クリーンセンター(さぬき市)
72562815_2507168392704796_75759261509505
バイオマス資源センターみとよ(三豊市)
72297195_2507175602704075_67776919877692
(株)富士クリーン(綾川町)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
2015年は9月議会紛糾の影響で所属の総務常任委員会は視察無し。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

| コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

◆令和元年鎌倉市議会9月定例会 観光厚生常任委員会 ごみ問題長嶋怒りの質疑

 あまりにふざけた市長と部長。

「ごみは逗子に持って行って燃やします」と言っておいて、私に指摘されるまで逗子の焼却炉を見にも行った事が無かったとの事。

市長は8月30日に初めて行ったとの回答。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

鎌倉のハイキングコースは壊滅的被害
 ⤴︎詳細ブログに197枚の写真

鎌倉市の災害復旧へのご支援を願いします 
 ⤴︎ふさと納税で付金 詳細クリック

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

4年連続で給与を上げる条例

鎌倉市役所一連の不祥事 

松尾市政、未解決問題・課題

長嶋竜弘HP

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

| コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

◆”麹”の力で食品ロス解消へ、鹿児島県の焼酎種麹会社が取り組み

”麹”の力で食品ロス解消へ、鹿児島県の焼酎種麹会社が取り組み

鎌倉市は生ごみ減容化施設を計画していますが、それよりこのエコフィード(飼料化)をやるべきとずっと言っています。


視察に行った時のレポート

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

長嶋竜弘HP←各Web入口あり

長嶋竜弘 Facebookページ

長嶋竜弘 Facebook個人ページ

鎌倉市地震津波情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

◆ごみリデュース(発生抑制)実証実験 -⑨

2015年4月より有料化がスタートしてから2019年9月2日に11回目のごみ出しをしました。

一人暮らしですが、前回は12月30日でしたので、8ヶ月で5リットルS袋・1ヶと言う結果でした。

 

49209983_1995769300505371_453981541

 

注:この実証実験は日頃の暮らしから出る生活ごみの量です。

この他、断捨離や壊れた物等の処分で年間40L有料袋で1袋捨てています。

家庭系ごみの有料袋(指定収集袋)について

 

※2015年

・有料化前-3月30日(月)ごみ出し

・有料化後1回目ごみ出し-528

・有料化後2回目ごみ出し-730

・有料化後3回目ごみ出し-1029

2016

・有料化後4回目ごみ出し-128

・有料化後5回目ごみ出し-58

・有料化後6回目ごみ出し-117

※2017年

・有料化後7回目ごみ出し-4月3日

・有料化後8回目ごみ出し-9月11日

※2018年

・有料化後9回目ごみ出し-4月9日

・有料化後10回目ごみ出し-12月30日

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

◆鎌倉市議会観光厚生常任委員会所管事務調査②

2日目、8月6日鎌倉市内のごみ処理施設視察。

アルバムは こちら ←クリック

↑視察の所感は各写真に掲載

67798386_2372813082806995_48672837355752

↑ 逗子市環境クリーンセンター

 

現在2市1町でごみ処理の広域化の協議をしている所ですが、呆れた事に鎌倉市環境部長は逗子市の施設も葉山町の施設も見に行った事が無いとの話です。

話にならないやる気の無さ。市民をバカにしています会を舐めています。あいた口がふさがりません。高額な給与貰う資格なし

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2019/6/13観光厚生常任委員会長嶋まえだし苦言

2019/6/13 観光厚生常任委員会ごみ問題長嶋質疑

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 4年連続で給与を上げる条例

 ・鎌倉市役所一連の不祥事 

 ・松尾市政、未解決問題・課題

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

長嶋竜弘HP

スーパー便利な鎌倉リンク集

鎌倉市地震津波情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

◆鎌倉市議会観光厚生常任委員会所管事務調査①

1日目、8月5日鎌倉市内のごみ処理施設視察。

アルバムは こちら ←クリック

↑視察の所感は各写真に掲載

67609100_2371216216300015_19303091420738

↑今泉クリーンセンター

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2019/6/5~6 鎌倉市議会長嶋一般質問

2019/6/13観光厚生常任委員会長嶋まえだし苦言

2019/6/20竹田議員一般質問答弁長嶋関連質問

2019/6/13 観光厚生常任委員会ごみ問題長嶋質疑

2019/6/17ロードプライシング長嶋番外質疑

2019/6.21鎌倉市議会6月定例会 長嶋議員賛成討論(請願第1号)

2019/6/21鎌倉市議会6月定例会 長嶋議員賛成討論(補正予算)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 4年連続で給与を上げる条例

 ・鎌倉市役所一連の不祥事 

 ・松尾市政、未解決問題・課題

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

長嶋竜弘HP

スーパー便利な鎌倉リンク集

鎌倉市地震津波情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

| コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

◆鎌倉市・逗子市・葉山町ごみ処理広域化実施計画(たたき台)令和元年7月2日 抜粋

鎌倉市・逗子市・葉山町ごみ処理広域化実施計画(たたき台) 

↑クリック

 

Img341

葉山町インサイダー記事

➶鎌倉市 逗子市 葉山町ごみ処理広域化実施計画<たたき台>最終稿

 

ごみ処理広域化、ちょっと待ておかしいぞ
「鎌倉市・逗子市・葉山町ごみ処理広域化実施計画」
昨日部長と課長が内容について説明に来た。隠そうとしていたがオンブズマンの情報公開の責めに耐えきれず、逗子市で公開となったので説明せざるを得なくなったからである。


①鎌倉市のごみを1万トン逗子市の焼却炉に持って行って燃やしてもらい、その他の2万トンは極力減量して自区外で処理をする。
→鎌倉市は逗子、葉山のごみの処理は請け負わない。
②その後逗子の焼却炉も閉鎖して2市1町のごみは全て自区外で処理をする。
→この時2市1町の全てのごみを鎌倉市が中継施設を建設して請け負う。
③生ごみ処理施設を今泉に建てる
→近隣住民は猛反対していると聞いています。
④オムツの資源化施設を建てる
→山崎浄化センターで企んでいるようである。
⑤事業系ごみの全量資源化
→まず無理。そんな事やっている自治体あるの?逆に出来るのだったら何で今までやっていない?事業者の負担増えるの了解しているのか?


🔻ちょっと待て、おかしいぞ

将来逗子市の焼却炉を廃止して、2市1町は全量民間委託の自区外処理する予定だったら、鎌倉市のごみ3万トンのうち1万トンだけしか燃やせるキャパ無いのに、逗子市の焼却炉廃止までの間、何故逗子市の焼却炉に持って行く必要がある?
バグフィルター交換(20億円との逗子市議情報)、長期延命化工事の費用負担を鎌倉市がする事になるから、コスト高になる。⇒しかし広報かまくらで安くなると嘘言っているのが委員会でバレている。
それだったら最初から全量民間委託の自区外処理にすれば良い。
中継施設を鎌倉市が建てて、2市1町のごみをその後ずっと全てそこで載せ替えて運ぶ事になるが、中継施設近隣住民を中心に市民の承諾を次世代に渡って得られるのか? 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2019/6/5~6 鎌倉市議会長嶋一般質問

2019/6/13観光厚生常任委員会長嶋まえだし苦言

2019/6/20竹田議員一般質問答弁長嶋関連質問

2019/6/13 観光厚生常任委員会ごみ問題長嶋質疑

2019/6/17ロードプライシング長嶋番外質疑

2019/6.21鎌倉市議会6月定例会 長嶋議員賛成討論(請願第1号)

2019/6/21鎌倉市議会6月定例会 長嶋議員賛成討論(補正予算)

 ・2019/3/22議会議案第4号 消費税増税について慎重な検討を求める意見書の提出について

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 4年連続で給与を上げる条例

 ・鎌倉市役所一連の不祥事 

 ・松尾市政、未解決問題・課題

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

長嶋竜弘HP

スーパー便利な鎌倉リンク集

鎌倉市地震津波情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

| コメント (0)

2019年7月 3日 (水)

◆葉山町インサイダー記事 ごみ問題2市1町協議

葉山町インサイダー

これ、褒められているのか?貶されているのか?良く分かりませんが、超有名オンブズマンサイトがアクセス数UPの為のゴシップ記事的記載とは言え、皆様に多く知って頂けるので、「おおいに感謝」せねばなるまい。
せめて「罵倒議員」ではなく「馬頭観音」にして欲しい。

私は10年ごみ問題にずっと取り組んできた。職員と話した時間は膨大である。最初から居る職員はもう誰もいない。答弁をしている環境施設課長が一番長いが、後は殆ど最近変わった職員しかいない。
相当なボリュームの調査検証をやってきたし、提案もしてきたので、今のごみ処理の施策に相当貢献してきたはずである。
もう少し人の忠告を聞いていただければこんな状況にはなっていなかったはずである。

 

①ごみ処理施設の深沢整備事業用地での整備は必須

ガス化改質溶融施設
 →高温での処理プラントなので熱回収は必須
 →バイオエタノール燃料等様々な副産物が得られる

乾式バイオ

トンネルコンポスト
→残渣は固形燃料

亜臨海水処理装置
 →残渣は土壌改良材、燃料


生ごみエコフィード
 →残渣は豚の飼料として販売できる。


生ごみ水分除去
 →水切り等を全くやっていない状況

 

②処理費削減(ごみはお金になる)


市民1人あたりの処理費2万円と言う高コスト体質が問題
→一番問題なのは運搬費。ここの削減に取り組むべき。・自前で処理すれば歳入又は処理費削減になる事をやっていない。


→植木剪定材の処理
→受入13円/kgの単価見直し(年1万1千トンあるのはおかしい)
→現在富士山の麓まで運搬して堆肥化している。
チップ化による熱回収

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2019/6/5~6 鎌倉市議会長嶋一般質問

2019/6/13観光厚生常任委員会長嶋まえだし苦言

2019/6/20竹田議員一般質問答弁長嶋関連質問

2019/6/13 観光厚生常任委員会ごみ問題長嶋質疑

2019/6/17ロードプライシング長嶋番外質疑

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 4年連続で給与を上げる条例

 ・鎌倉市役所一連の不祥事 

 ・松尾市政、未解決問題・課題

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

長嶋竜弘HP

スーパー便利な鎌倉リンク集

鎌倉市地震津波情報

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

| コメント (0)

より以前の記事一覧