SDGs

2019年8月29日 (木)

◆SDGsフォトコンテスト

Img360

↑クリック

 

一般社団法人SDGs活動支援センター

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

みんなで肉を食べる量を減らしたら気候変動と闘える、国連

↓肉を減らすと地球環境が復活するワケ 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〇議会での動き

①請願第4号(2016年6月議会)
プラスチックフリーの街かまくらを目指して、ゼロ・ウェイストかまくらの理念のもと、リデュース(発生抑制)の取組みを市役所が率先垂範して実施する事を求める請願書
②国に対する意見書(2017年6月議会)
SDGs目標14“海の豊かさを守ろう”の達成のため、使 い捨てプラスチック製品を使わないことで、リフューズを 推奨するよう国に求める意見書
③くじらの赤ちゃん決議(2018年9
月議会)
クジラの赤ちゃんからのメッセージを受けとめSDGsの目標を反映させる取り組みを求める決議

SDGs議員連盟を立ち上げました

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

プラスチックフリージャパンHP

一般社団法人SDGs活動支援センター

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

緊急課題、気候変動問題-本宮市(家庭でできる取り組み10項目)

緊急課題、気候変動問題-世界で一番食べ物を捨てる国「日本」

緊急課題、気候変動問題-2019年熱波の状況

緊急課題、気候変動問題-WWFジャパンHP

緊急課題、気候変動問題-COP24でのスピーチ

緊急課題、気候変動問題-閉庁日の電気は消して帰りましょう

緊急課題、気候変動問題-「将来世代の皆さんへ: ごめんよ」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

 

 

| コメント (0)

2019年8月20日 (火)

◆緊急課題、気候変動問題-⑦本宮市(家庭でできる取り組み10項目)

目標13:気候変動に具体的な対策を

本宮市:家庭でできる取り組み10項目(二酸化炭素の排出量削減)

01 冷房の設定温度を1℃高く、暖房の温度を1℃低く設定しましょう
年間約184キログラムのCO2の削減
年間で約9,200円の節約

02 週2日往復8キロメートルの車の運転を控えましょう
年間約184キログラムのCO2の削減
年間で約9,200円の節約


03 1日5分のアイドリングストップを行いましょう
年間約39キログラムのCO2の削減
年間で約1,900円の節約


04 待機電力を50%削減しましょう
年間約60キログラムのCO2の削減
年間で約3,400円の節約


05 シャワーを1日1分家族全員が減らしましょう
年間約69キログラムのCO2の削減
年間で約7,100円の節約


06 風呂の残り湯を洗濯に使いましょう
年間約7キログラムのCO2の削減
年間で約4,200円の節約


07 ジャーの保温を止めましょう
年間約34キログラムのCO2の削減
年間で約1,900円の節約


08 家族が同じ部屋で団らんし、暖房と照明の利用を2割減らしましょう
年間約238キログラムのCO2の削減
年間で約10,400円の節約


09 買い物袋を持ち歩き、省包装の野菜を選びましょう
年間約14キログラムのCO2の削減
年間で約800円の節約


10 テレビ番組を選び、1日1時間テレビ利用を減らしましょう
年間約14キログラムのCO2の削減
年間で約800円の節約

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「気候崩壊」から世界救う最終判断を=地球温暖化報告書

①肉、牛乳、チーズ、バターの購入を控え、地元で採れた旬のものを購入し、これらを無駄にしない

②電気自動車を運転する。ただし、短い距離は徒歩で行くか自転車を利用する

③飛行機の代わりに電車やバスを使う

④出張の代わりにビデオ会議を活用する

⑤洗濯物を乾かす際には、回転式衣類乾燥機でなく物干しを使う

⑥住宅を断熱処理する

⑦消費財すべてに低炭素を求める

家庭でできる取り組み10項目(二酸化炭素の排出量削減)本宮市

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〇議会での動き

①請願第4号(2016年6月議会)
プラスチックフリーの街かまくらを目指して、ゼロ・ウェイストかまくらの理念のもと、リデュース(発生抑制)の取組みを市役所が率先垂範して実施する事を求める請願書
②国に対する意見書(2017年6月議会)
SDGs目標14“海の豊かさを守ろう”の達成のため、使 い捨てプラスチック製品を使わないことで、リフューズを 推奨するよう国に求める意見書
③くじらの赤ちゃん決議(2018年9
月議会)
クジラの赤ちゃんからのメッセージを受けとめSDGsの目標を反映させる取り組みを求める決議

SDGs議員連盟を立ち上げました

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

プラスチックフリージャパンHP

一般社団法人SDGs活動支援センター

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

緊急課題、気候変動問題-⑤2019年熱波の状況

緊急課題、気候変動問題-④WWFジャパンHP

緊急課題、気候変動問題-③COP24でのスピーチ

緊急課題、気候変動問題-②閉庁日の電気は消して帰りましょう

緊急課題、気候変動問題-①「将来世代の皆さんへ: ごめんよ」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

 

| コメント (0)

2019年8月19日 (月)

◆緊急課題、気候変動問題-⑥世界で一番食べ物を捨てる国「日本」

世界で一番食べ物を捨てる国「日本」【低い食料自給率・高い廃棄率】

↑ 記事をクリック

日本は、食料廃棄率、一人当たりの廃棄量が世界一

1秒間に688kgが食べ残されて生ゴミとなっています。
年間食品廃棄量は食料消費全体の2割の約1,800万トン。

売れ残りや期限切れの食品、食べ残しなど本来食べられたはずの「食品ロス」は500万トン~800万トン。

一方で飢餓が原因で1日に4~5万人(年間1,500万人以上)の人が世界で亡くなっており、そのうち7割以上が子どもたち。

日本は世界中から5,800万トンの食品を輸入。そのうち1,940万トンを捨てている(年間5,000万人が生活出来る量)
1,940万トンの内、家庭から廃棄される食料は1,100万トン。

人口
・アメリカー3億1,415万9,265人
・日本  ー1億2,779万人
食料廃棄量
・アメリカー3,300万トン(1人当たり105kg)
・日本  ー1,940万トン(1人当たり152kg)
廃棄金額     
・アメリカー年間13兆円 
・日本  ー年間11兆円

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

みんなで肉を食べる量を減らしたら気候変動と闘える、国連

↓肉を減らすと地球環境が復活するワケ 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〇議会での動き

①請願第4号(2016年6月議会)
プラスチックフリーの街かまくらを目指して、ゼロ・ウェイストかまくらの理念のもと、リデュース(発生抑制)の取組みを市役所が率先垂範して実施する事を求める請願書
②国に対する意見書(2017年6月議会)
SDGs目標14“海の豊かさを守ろう”の達成のため、使 い捨てプラスチック製品を使わないことで、リフューズを 推奨するよう国に求める意見書
③くじらの赤ちゃん決議(2018年9
月議会)
クジラの赤ちゃんからのメッセージを受けとめSDGsの目標を反映させる取り組みを求める決議

SDGs議員連盟を立ち上げました

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

プラスチックフリージャパンHP

一般社団法人SDGs活動支援センター

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

緊急課題、気候変動問題-本宮市(家庭でできる取り組み10項目)

緊急課題、気候変動問題-世界で一番食べ物を捨てる国「日本」

緊急課題、気候変動問題-2019年熱波の状況

緊急課題、気候変動問題-WWFジャパンHP

緊急課題、気候変動問題-COP24でのスピーチ

緊急課題、気候変動問題-閉庁日の電気は消して帰りましょう

緊急課題、気候変動問題-「将来世代の皆さんへ: ごめんよ」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

 

| コメント (0)

2019年8月14日 (水)

◆緊急課題、気候変動問題-⑥9月20日グローバル気候マーチ 開催

SDGs目標13 気候変動に具体的な対策を(気候変動は危機的状況)

9月20日グローバル気候マーチ 開催

 

気候変動による悲惨なニュースが日常となってしまった今。
すでに世界中の子どもたち・若者は、「気候危機への緊急対策」を求め立ち上がってきました。
わたしたち大人も声を届けるときがきました。

 

 

グレタ・トゥーンベリさんによるCOP24でのスピーチ

 

「将来世代の皆さんへ:ごめんよ」 地球環境破壊を止める為のメッセージ 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「気候崩壊」から世界救う最終判断を=地球温暖化報告書

①肉、牛乳、チーズ、バターの購入を控え、地元で採れた旬のものを購入し、これらを無駄にしない

②電気自動車を運転する。ただし、短い距離は徒歩で行くか自転車を利用する

③飛行機の代わりに電車やバスを使う

④出張の代わりにビデオ会議を活用する

⑤洗濯物を乾かす際には、回転式衣類乾燥機でなく物干しを使う

⑥住宅を断熱処理する

⑦消費財すべてに低炭素を求める

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〇議会での動き

①請願第4号(2016年6月議会)
プラスチックフリーの街かまくらを目指して、ゼロ・ウェイストかまくらの理念のもと、リデュース(発生抑制)の取組みを市役所が率先垂範して実施する事を求める請願書
②国に対する意見書(2017年6月議会)
SDGs目標14“海の豊かさを守ろう”の達成のため、使 い捨てプラスチック製品を使わないことで、リフューズを 推奨するよう国に求める意見書
③くじらの赤ちゃん決議(2018年9
月議会)
クジラの赤ちゃんからのメッセージを受けとめSDGsの目標を反映させる取り組みを求める決議

SDGs議員連盟を立ち上げました

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

プラスチックフリージャパンHP

一般社団法人SDGs活動支援センター

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

⑥緊急課題、気候変動問題-9月20日グローバル気候マーチ 開催

緊急課題、気候変動問題-2019年熱波の状況

緊急課題、気候変動問題-WWFジャパンHP

緊急課題、気候変動問題-COP24でのスピーチ

緊急課題、気候変動問題-閉庁日の電気は消して帰りましょう

緊急課題、気候変動問題-「将来世代の皆さんへ: ごめんよ」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

 

| コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

◆緊急課題、気候変動問題-⑤気候変動世界の状況

SDGs目標13 気候変動に具体的な対策を(気候変動は危機的状況)

 

 グレタ・トゥーンベリさんによるCOP24でのスピーチ

グテーレス国連事務総長、過去最も暑い7月、気候変動に関して警告

アマゾンの熱帯雨林が「記録的ペースで焼失」 サンパウロは真っ暗

アマゾンの熱帯雨林で観測史上最多の火災、気候変動に影響

アマゾンの森林火災、どれくらいひどいのか

アマゾンの森林火災は牛肉生産のために意図的に始められたもの:立ち上がる先住民

北極圏で森林火災相次ぐ 国連「前代未聞の事態」

大災害の多くはアジア。3年間で6億5000万人が被害 ——2050年には1億4300万人が「気候難民」化する

ヨーロッパ各地に熱波襲来 40度超えも

米、中西部から大西洋岸に猛暑 NYで非常事態宣言 イベント中止相次ぐ

インド、熱波の死者100人超す 温暖化進めば生存の限界に到達も

熱中症1万8347人搬送 前週の3倍超、死者57人

寒いはずの北極で「山火事」頻発、過去最悪の異常事態

気候変動による損失は「5年で100兆円超」

人類はいかに地球を変えてきたのか、23枚の写真で知る

温暖化で穀物価格23%上昇 国連IPCC、2050年見通し警告

7月の気温「史上最も暑い」…世界各地で猛暑

これはSFではなく現実。北極圏で氷が溶けていることを伝える17枚

 

「将来世代の皆さんへ: ごめんよ」 地球環境破壊を止める為のメッセージ 

 

 ↓ 改善の為の方策事例

エネルギー消費8割減 YKKの富山・省エネ団地 

みんなで肉を食べる量を減らしたら気候変動と闘える、国連

↓肉を減らすと地球環境が復活するワケ 

いきなり『食べるな』と言う事は厳しいと思います。
「生ごみをエコフィード化して飼料に混ぜる」方法で改善できます。
50%混合率まで可能とお聞きしています。

源麹研究所生ごみの飼料化プラント視察(GEN麹リキッドフィード)

2012年訪問時レポート

「気候崩壊」から世界救う最終判断を=地球温暖化報告書

①肉、牛乳、チーズ、バターの購入を控え、地元で採れた旬のものを購入し、これらを無駄にしない

②電気自動車を運転する。ただし、短い距離は徒歩で行くか自転車を利用する


③飛行機の代わりに電車やバスを使う

④出張の代わりにビデオ会議を活用する

⑤洗濯物を乾かす際には、回転式衣類乾燥機でなく物干しを使う

⑥住宅を断熱処理する

⑦消費財すべてに低炭素を求める

英大学、構内での牛肉製品の販売停止 地球温暖化対策で

家庭でできる取り組み10項目(二酸化炭素の排出量削減)本宮市

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〇議会での動き

①請願第4号(2016年6月議会)
プラスチックフリーの街かまくらを目指して、ゼロ・ウェイストかまくらの理念のもと、リデュース(発生抑制)の取組みを市役所が率先垂範して実施する事を求める請願書
②国に対する意見書(2017年6月議会)
SDGs目標14“海の豊かさを守ろう”の達成のため、使 い捨てプラスチック製品を使わないことで、リフューズを 推奨するよう国に求める意見書
③くじらの赤ちゃん決議(2018年9
月議会)
クジラの赤ちゃんからのメッセージを受けとめSDGsの目標を反映させる取り組みを求める決議

SDGs議員連盟を立ち上げました

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

プラスチックフリージャパンHP

一般社団法人SDGs活動支援センター

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

緊急課題、気候変動問題-⑤2019年熱波の状況

緊急課題、気候変動問題-④WWFジャパンHP

緊急課題、気候変動問題-③COP24でのスピーチ

緊急課題、気候変動問題-②閉庁日の電気は消して帰りましょう

緊急課題、気候変動問題-①「将来世代の皆さんへ: ごめんよ」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

 

| コメント (0)

2019年8月 5日 (月)

◆鎌倉市議会SDGs議員連盟をたちあげました!

SDGs議員連盟 設立総会(2019年6月21日)
会派代表者会議でご報告させて頂いていた「SDGs議員連盟」について設立総会を行いましたので、概要をご報告させていただきます。
① 出席メンバー18名(敬称略)
前川,山田,池田,高橋,日向,森,伊藤,河村,久坂
武野,吉岡,保坂,くりはら,長嶋,千,竹田,納所,西岡
② 役員(敬称略)
代表 西岡、副代表 吉岡,河村、理事 日向,前川,保坂、事務局長 長嶋 、事務局補佐 森,くりはら
③ 政策法務研究会への位置付けについて
今後計画などを策定の上書類を提出し、政策法務研究会の位置付けを行なっていく
④ 今後の予定
くりはら議員から来月実施のSDGsイベントへの短冊飾りの参加について紹介があった。
長嶋議員よりボードゲームに関して、SDGsを知るためにも今後実施したいと紹介があった。
⑤ 連絡、情報共有
今後facebookページでクローズグループページ(メンバー以外は見られません)を作成して連絡と様々な情報共有をはかりたいと考えています。Facebookページを使用されない方にはメールにて連絡を取らせて頂きます。

鎌倉市議会SDGs議員連盟規約

1 )名称
本会は鎌倉市議会SDGs議員連盟と称する
2 )目的
「まちづくり」を担う地方自治体議員という立場から、市民、各関係団体とともにSDGs
の各取り組みを調査・研究し提言としてまとめ、行政施策等に反映させ具体的なSDGsの
理念に沿ったまちづくりを推進するものとする。
3 )事業
本会は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
1 関係各方面への要望
2 各種情報収集
3 関係団体との連絡 調整
4 その他 目的達成に必要な事業
4 )構成
本会は、第2条の目的に賛同する鎌倉市議会議員をもって構成する
5 )役員
本会に次の役員をおき、任期は2年とする ただし再任を妨げない
代表 1名
副代表 数名
理事 数名
事務局長 1名 (会計を兼務する)
事務局補佐 数名
2 代表は会員の中から選出する
3 副代表、理事、事務局長、事務局補佐は総会において選出する
4 本会に 顧問・相談役を置くことができる
6) 役員の職務
代表 本会を代表し、会務を統括する
副代表 代表を補佐し、代表に事故あるときはその職務を代行する
理事 代表、副代表を補佐し、本会の運営を補助する
事務局長並びに事務局補佐 会務を執行し、会計事務の処理を行う
7 )会議
会議は総会及び役員会とし、代表が必要に応じて招集する。
総会は会員の過半数の出席をもって成立する
総会の決定事項は出席会員の意見によって決する
8 )会計
本会の運営に要する費用は会費その他収入をもってあてる
会員の会費は1人月額100円とする
9 )事務局
事務局は鎌倉市議会内におく
10 )雑則
この規約に定めるもののほか、本会の運営に関し必要な事項は代表が会議に諮り定める

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〇議会での動き

①請願第4号(2016年6月議会)
プラスチックフリーの街かまくらを目指して、ゼロ・ウェイストかまくらの理念のもと、リデュース(発生抑制)の取組みを市役所が率先垂範して実施する事を求める請願書
②国に対する意見書(2017年6月議会)
SDGs目標14“海の豊かさを守ろう”の達成のため、使 い捨てプラスチック製品を使わないことで、リフューズを 推奨するよう国に求める意見書
③くじらの赤ちゃん決議(2018年9
月議会)
クジラの赤ちゃんからのメッセージを受けとめSDGsの目標を反映させる取り組みを求める決議

SDGs議員連盟を立ち上げました

鎌倉市役所自販機からペットボトルついに無くなる

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

プラスチックフリージャパンHP

一般社団法人SDGs活動支援センター

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

緊急課題、気候変動問題-⑤2019年熱波の状況

緊急課題、気候変動問題-④WWFジャパンHP

緊急課題、気候変動問題-③COP24でのスピーチ

緊急課題、気候変動問題-②閉庁日の電気は消して帰りましょう

緊急課題、気候変動問題-①「将来世代の皆さんへ: ごめんよ」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

 

| コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

◆鎌倉市議会SDGs議員連盟 第一回勉強会

第一回勉強会、鎌倉市民でもある東洋学園大学古屋力先生にご講演頂きました。
まずは9月議会で日本初の「気候非常事態宣言」を行う事を目指します。

67805811_2333858703363094_15869476852423

67560026_2333858643363100_22492729040363

 

 

以下、古屋先生コメント!

🔻
鎌倉市議会で、市議会議員と市役所の職員のみなさまに講演をしました。テーマは、「SDGsとは何か?」
受講者は、市議会議員と職員の皆さん。50名程度。

質疑応答を入れて2時間、みっちり!無事終了しました!

最後に、気候非常事態宣言(Climate Emergency Declaration,略:CED)にも言及し、日本は、政治家が、「気候非常事態宣言」を政治的優先課題と考えていない、日本には、「気候非常事態宣言」を目指す政党も皆無であると述べ、我が国最初に鎌倉市が率先垂範して宣言して欲しいと強く訴えました!

みなさん、とても、熱心。とても良い質問も多くあり、大盛況でした!

 

 「自治体首長は気候非常事態宣言を」 

東京大学名誉教授の山本良一が請願書公表 ~産学等の316名が賛同・署名~

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 4年連続で給与を上げる条例

 ・鎌倉市役所一連の不祥事 

 ・松尾市政、未解決問題・課題

長嶋竜弘HP

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

| コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

◆鎌倉市議会SDGs議員連盟第1回勉強会!

鎌倉市議会SDGs議員連盟研修会を下記の日程で行います
【SDGsとは何か?】
~持続可能な世界構築のための「最後通告」を
     「自分ごと」として考えてみませんか~
★講師:東洋学園大学教授
古 屋 力 先生 (鎌倉在住)

・2019年8月2日(金)
・1 4時~16時
・鎌倉市議会全員協議会室


※経歴:
早稲田大学大学院博士前期課程修了(金融経済専攻)
東京銀行、三菱東京UFJ銀行、国際通貨研究所(エコノミスト)、東京工業大学大学院(フェロー)等を経て、2010年4月より現職。「Cop24には日本代表として参加」。
※専門分野:
地球環境論、気候変動と国際的枠組論、環境金融論、炭素通貨論、社会起業家論、国際金融論、国際通貨論等。

はたして、誰ひとりとり残されずに、誰もが幸福でいられる持続可能な世界の構築は実現可能でしょうか?あるいは、それは「絵空事」なのでしょうか?
それは、可能です。しかし条件があります。 その鍵は「SDGs(エスディージーズ)」にあります。 この理念は「誰ひとり取り残さない(No one will be left behind)」です。   
まず大きな理想を掲げその理想に向かってすべての人々が行動を起こすために設けられた目標が「SDGs」なのです。持続可能な世界の実現ための最後告通告である「SDGs」を、われわれ自身が「自分ごと」として考えて実行することが、持続可能な世界の構築のために必要不可欠です。 この目標が達成されれば、2030年までに飢餓問題や気候変動問題は解決するかもしれません。その成否は、国や自治体のみならず、企業、市民、NGO、科学者、次世代の若者、われわれすべての参加にかかっています。

※ 講演はタブレットを 使用しますの 各自御持参ください
千田副市長はじめ、幹部職員も参加します。奮ってご参加ください。
問い合わせ:鎌倉市議会SDGs議員連盟事務局・長嶋竜弘(内線2432)

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 4年連続で給与を上げる条例

 ・鎌倉市役所一連の不祥事 

 ・松尾市政、未解決問題・課題

長嶋竜弘HP

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

| コメント (0)

2019年7月11日 (木)

◆SDGsみらい塾

Img342


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


〇請願第4号(2016年6月議会)
請願第4号『プラスチックフリーの街かまくらを目指して、ゼロ・ウェイストかまくらの理念のもと、リデュース(発生抑制)の取組みを市役所が率先垂範して実施する事を求める請願書』

〇国に対する意見書(2017年6月議会)
SDGs目標14“海の豊かさを守ろう”の達成のため、使 い捨てプラスチック製品を使わないことで、リフューズを 推奨するよう国に求める意見書

〇決議(2018年9月議会)

鎌倉市議会/クジラの赤ちゃんからのメッセージを受けとめSDGsの目標を反映させる取り組みを求める決議


 


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


プラスチックフリージャパンHP


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 


 

| コメント (0)

2019年7月10日 (水)

◆緊急課題、気候変動問題-④WWFジャパンHP

地球温暖化が進むとどうなる?

↑ WWFジャパンHP

 地球温暖化が進むと、気温が上昇するだけでなく地球全体の気候が大きく変化します。既に世界各地では、そのさまざまな影響が現れ始めており、自然環境や人の暮らしにも重大な問題を引き起こしています。こうした問題は、温暖化への対策を十分に行なわない場合、さらに深刻化し、地球規模の深刻な被害をもたらす危険性が指摘されています。(出典:IPCC 第5次評価報告書)

 

↑世界気象機関(WMO):2050年の天気予報(NHK)

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〇議会での動き

①請願第4号(2016年6月議会)
プラスチックフリーの街かまくらを目指して、ゼロ・ウェイストかまくらの理念のもと、リデュース(発生抑制)の取組みを市役所が率先垂範して実施する事を求める請願書
②国に対する意見書(2017年6月議会)
SDGs目標14“海の豊かさを守ろう”の達成のため、使 い捨てプラスチック製品を使わないことで、リフューズを 推奨するよう国に求める意見書
③くじらの赤ちゃん決議(2018年9
月議会)
クジラの赤ちゃんからのメッセージを受けとめSDGsの目標を反映させる取り組みを求める決議

SDGs議員連盟を立ち上げました

鎌倉市役所自販機からペットボトルついに無くなる

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

プラスチックフリージャパンHP

一般社団法人SDGs活動支援センター

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

緊急課題、気候変動問題-⑤2019年熱波の状況

緊急課題、気候変動問題-④WWFジャパンHP

緊急課題、気候変動問題-③COP24でのスピーチ

緊急課題、気候変動問題-②閉庁日の電気は消して帰りましょう

緊急課題、気候変動問題-①「将来世代の皆さんへ: ごめんよ」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

 

| コメント (0)

より以前の記事一覧