本庁舎移転問題

2020年9月29日 (火)

◆鎌倉市は国の方針とは真逆、「流域治水」を考えろ🤔

まずはこちらの記事「気候変動を踏まえた“流域治水"対策を展開 」をご一読下さい。

国の方針👉️

(1)ハード・ソフト一体の事前防災対策の加速化

(2)治水計画を過去の降雨実績に基づくもの」から「気候変動による降水量の増加などを考慮したもの」に見直す

(3)従来までの河川管理者等が主体となって行うハード対策を加速化することに加え、その河川の流域の国、自治体、民間の企業、地域住民などあらゆる関係者が流域全体で治水対策を行う「流域治水」への転換が柱となっている。

鎌倉市の方針👉️

深沢地域整備事業は計画規模降雨302mmの対応。人が住み、集客施設をつくり、本庁舎を移転しても問題無い。ハード整備はお金がかかるので、盛土・貯留施設程度でソフト対策で対応する。

※柏尾川の想定は❓️
・想定最大規模降雨👉️632mm
・計画規模降雨👉️302mm
・境川水系最大想定規模降雨👉️時間最大170mm,710mm,鶴瀬橋)
   (東海豪雨,時間最大114mm,589mm,鶴瀬橋)
・昨年台風19号は箱根で922.5mm(1日)

Screenshot_20200930_065737

☝️click(国土交通省資料)

この図で分かる通り、深沢地域整備事業用地は現在の計画ではNGであるのは、誰が見ても分かる事である。


治水の“パラダイムシフト” ~温暖化時代の流域治水~
(NHK )

国交省予算、5.9兆円要求 自然災害、コロナ対策が柱(共同通信)

☝️水害対策は、堤防やダム整備だけでなく、危険地域の開発規制や住宅移転促進などを含む「流域治水」に転換するため、少なくとも5027億円が必要とした。

 水をあふれさせる「流域治水」、浸水対策に遊水地など活用(日経ビジネス)

 危険な河川全国に 国交省は「流域治水」にかじ(sankeibiz)

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

⭕️鎌倉市で会議録改ざん疑惑が浮上

→岩田かおる氏が詳細をblogに記載
   鎌倉市の公文書改竄を検証する

◯請願書「深沢地域整備事業用地の土地利用計画についての請願書

→委員会審査動画→1時間40分あたりから

 →ブログ災害から命を守る問題の「請願書」をお蔵入りにした議員は誰だ❓️

まちづくり計画部深沢地域整備課から"答弁拒否の嫌がらせ"をうけた

鎌倉市職員の不勉強・出鱈目を許すな

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| コメント (0)

2020年9月16日 (水)

◆鎌倉市職員の不勉強・出鱈目を許すな❗

まちづくり計画部(林部長・永井次長)深沢地域整備課(山戸課長・大江課長)の議会での答弁、文書質問の回答は酷いものである。

 

文書質問第3号考察を書いて頂いた市民の方がblogに今回も書いて頂いた👇️

鎌倉市 まちづくり計画部の不勉強

深沢地域整備事業用地の土地利用計画についての請願書の審議から

 

⭕市民の間から職員の答弁が酷いとの声が多数上がっています。

岩田かおるblog

 

👉 災害から命を守る問題の「請願書」をお蔵入りにした議員は誰だ❓️

完全に、地方公務員法第33条及び鎌倉市職員行動憲章違反である。

内海総務部長には職員教育の観点で、奈須行政経営部長にはコンプライアンスの観点で、かなり問題あるので、指導と徹底教育をして欲しいとかなり厳しく言ったが、恐らく何もやらないだろう。
☝️やらなかったら部長達も同罪である。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

石橋湛山の名言

病原菌が病気ではない。
その繁殖を許す身体が病気だと知るべきだ。
(第55代総理大臣・鎌倉町議会出身)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

※一連の元の文書質問はこちら

まちづくり計画部深沢地域整備課から"答弁拒否の嫌がらせ"をうけた! 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

👉 柏尾川洪水ハザードマップ

災害復興交流団体・鎌倉とどけ隊

鎌倉市地震津波情報

鎌倉市台風大雨洪水情報

気候非常事態世界の状況

気候非常事態世界の状況「世界的猛暑・水害」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

鎌倉市役所本庁舎移転問題過去の経過

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

⭕️賛成10名

・日本共産党鎌倉市議会議員団

 吉岡和江 武野裕子 高野洋一

・神奈川ネットワーク運動・鎌倉

 保坂令子 安立奈穂

・無所属

 松中健冶 千一 竹田ゆかり くりはらえりこ 長嶋竜弘

❌反対15名

・公明党鎌倉市議会議員団

 納所輝次 西岡幸子 大石和久

・鎌倉みらい

 池田実 山田直人 前川綾子

・自由民主党鎌倉市議会議員団 

 伊藤倫邦 志田一宏 森功一

・鎌倉のヴィジョンを考える会(浅尾氏系会派)

 久坂くにえ  河村琢磨

・鎌倉夢プロジェクトの会(松尾市長与党会派)

 髙橋浩司 日向慎吾 永田磨梨奈

・飯野眞毅(立憲民主党)

☝️自民党・公明党・浅尾氏系・松尾市長系、など利権派議員が反対するのは予想通りだが、立憲民主党の議員が住民投票に反対する事は非常におかしいと思います。早稲田議員も村岡新駅建設を大々的にPRしています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

市長に意見を言おう⁉️
秘書課秘書担当
御成町18-10 本庁舎2階
電話:0467-23-3000(内線2210)
Fax:0467-23-8700
📩:hisyo@city.kamakura.kanagawa.jp

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| コメント (0)

2020年9月10日 (木)

◆災害から命を守る問題の「請願書」をお蔵入りにした議員は誰だ❓️

Fb_img_1599734730864Fb_img_1599734458969

☝️click

9月10日に行われた「鎌倉市議会建設常任委員会」で、市民の命を守り、安心安全に生活出来る土地利用計画になるよう求めた「請願書」をお蔵入りの「継続審査」にした。

継続扱いにした議員
×大石和久(公明党市議会議員団)
×中村聡一郎(鎌倉のヴィジョンを考える会・浅尾氏系)
×伊藤倫邦(自民党市議会議員団)

⭕️賛成の立場表明議員
◯武野裕子(日本共産党鎌倉市議会議員団)
◯松中健治(無所属)
(池田みのる委員長は採決には参加しません)

🚨請願、陳情、建設常任委員会では、今回の判断と同じ構図が非常に多い。市民の願いに聞く耳を持たない議員は誰かはっきりとしている。
☝️
現在の任期で議会はあと2回しかなく、任期が終われば廃案となるのです。
継続扱いにした議員は、河川の水害による「命の問題」を蔑ろにしたと言って良い。

先日は深沢地域整備事業の水害について出していた文書質問の答弁拒否をされていたが、それについて嫌がらせを仕掛けられた。
👇内容はこちら。
http://kamakurasi.air-nifty.com/blog/2020/…/post-86adce.html

この事実について怒って頂きたい。そして皆さんで大々的に拡散して頂き、選挙で意思を示して頂きたい

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

過去の経過はこちらで見られます。

👇本庁舎移転の住民投票をやるかどうかの賛否結果

⭕️賛成10名

・日本共産党鎌倉市議会議員団

 吉岡和江 武野裕子 高野洋一

・神奈川ネットワーク運動・鎌倉

 保坂令子 安立奈穂

・無所属

 松中健冶 千一 竹田ゆかり くりはらえりこ 長嶋竜弘

❌反対15名

・公明党鎌倉市議会議員団

 納所輝次 西岡幸子 大石和久

・鎌倉みらい

 池田実 山田直人 前川綾子

・自由民主党鎌倉市議会議員団 

 伊藤倫邦 志田一宏 森功一

・鎌倉のヴィジョンを考える会(浅尾氏系会派)

 久坂くにえ  河村琢磨

・鎌倉夢プロジェクトの会(松尾市長与党会派)

 髙橋浩司 日向慎吾 永田磨梨奈

・飯野眞毅(立憲民主党)

☝️自民党・公明党・浅尾氏系・松尾市長系、など利権派議員が反対するのは予想通りだが、立憲民主党の議員が住民投票に反対する事は非常におかしいと思います。早稲田議員も村岡新駅建設を大々的にPRしています。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 (台風通過後3日以内はM5・震度4以上が7割の確率で発生)

鎌倉市津波ハザードマップ(令和2年4月) 

鎌倉市洪水ハザードマップ(令和2年4月) 

災害復興交流団体・鎌倉とどけ隊

鎌倉市地震津波情報

鎌倉市台風大雨洪水情報

長嶋たつひろHP

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

| コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

​​​◆鎌倉市議会-文章質問 第3号答弁書の検証(1)

​​​鎌倉市議会-文章質問 第3号答弁書の検証(1)

 ↑ click

本庁舎移転の問題を追いかけている市民の方が、私の文書質問の件を検証して、鋭い指摘をブログにまとめていただきました。職員の皆さんは心して読んでいただけるようにお願いいたします公務員、専門家が嘘や間違いを平気で言って居るのは大きな問題です。それを正そうとしない、議会・市長・副委長、幹部職員は異常です。

 

〇全体のブログTOPはこちら

鎌倉市本庁移転を理解したい人へ

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

※一連の元の文書質問はこちら

まちづくり計画部深沢地域整備課から"答弁拒否の嫌がらせ"をうけた! 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

👉 柏尾川洪水ハザードマップ

災害復興交流団体・鎌倉とどけ隊

鎌倉市地震津波情報

鎌倉市台風大雨洪水情報

気候非常事態世界の状況

気候非常事態世界の状況「世界的猛暑・水害」

令和2年7月豪雨募金←click

鎌倉市役所本庁舎移転問題過去の経過

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

9月定例会詳細 ←クリック

👇議会生中継動画リンク

スマホ・タブレット →パソコン

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

◆市長に意見を言おう⁉️
秘書課秘書担当
御成町18-10 本庁舎2階
電話:0467-23-3000(内線2210)
Fax:0467-23-8700
📩:hisyo@city.kamakura.kanagawa.jp 

秘書広報課twitter.

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

| コメント (0)

2020年8月31日 (月)

◆まちづくり計画部深沢地域整備課から"答弁拒否の嫌がらせ"をうけた!

私は6,198票(9.07%)の市民の付託を受けて「鎌倉市議会基本条例第7条」に基づき文書で質問をしている。

その質問に答えないと言うのであるからこんなふざけた態度は断じて許せない。

また、虚偽答弁、事実誤認答弁が散見される内容であるので大変問題があると考える。

職員行動憲章」違反、「地方公務員法第33条」違反である。

→全体の奉仕者たるにふさわしくない「非行」であり、「職権濫用」である。

 

まず、文書質問第3号の答弁はあまりに酷い内容であった。
質問した事に答えていない。嘘が散見される内容。

31

↑文書質問第3号「質問」

32_20200815170801

↑文書質問第3号「答弁」-1

33

↑文書質問第3号「答弁」-2

👇第3号の答弁があまりに酷いので「再質問第4号」

文書質問第4号は答弁拒否と言う嫌がらせをされた。

4_20200830143601

↑文書質問第4号「質問と答弁」

👇第4号は答弁拒否されたので「再質問第6号」

本来「第6号」で質問した内容の答弁が「第4号」で帰ってこないとおかしいのです。そもそも「第3号」できちんと回答していれば「第4号」「第6号」は必要は無いのです。

1_20200830153801

↑click

2_20200830153801

↑click

 

まちづくり計画部深沢地域整備課は以前からとにかく酷い部署である。問題点の指摘に対して嘘とごまかしを繰り返してきた。そしてワークショップなどでは市民を排除する事もあり、意見を聞こうと言う姿勢が全くと言って良いぐらいない。

私は「答弁拒否」と言ういらがらせを受けたので黙ってはいられない。

鎌倉市役所は良い職員が沢山いるのに、一部のおかしな職員がこうして存在している事で評判が悪くなっている事は明白である。議員に対してすら一般社会の社会人として通用しない最悪の態度であるので、一般の市民の皆様に対してどれだけ酷いかは容易に想像ができるところである。

職員課、コンプライアンス課はこれらの職員の態度について、真剣に考えて頂く事を要望する。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

👉 柏尾川洪水ハザードマップ

災害復興交流団体・鎌倉とどけ隊

鎌倉市地震津波情報

鎌倉市台風大雨洪水情報

気候非常事態世界の状況

気候非常事態世界の状況「世界的猛暑・水害」

令和2年7月豪雨募金←click

鎌倉市役所本庁舎移転問題過去の経過

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

長嶋竜弘一般質問

1.鎌倉市政に異論反論オブジェクションVOL.11 
    〜コロナ禍と気候非常事態による変化への対応〜

1-1.財政・経済、交通、災害
1-2,深沢地域整備事業

長嶋の順番は7番目です。
9月3日の2番目で概ね10時半ごろからの可能性が高いです。

一般質問一覧

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

9月定例会詳細 ←クリック

👇議会生中継動画リンク

スマホ・タブレット →パソコン

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

◆市長に意見を言おう⁉️
秘書課秘書担当
御成町18-10 本庁舎2階
電話:0467-23-3000(内線2210)
Fax:0467-23-8700
📩:hisyo@city.kamakura.kanagawa.jp 

秘書広報課twitter.

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

| コメント (0)

2020年8月17日 (月)

◆文書質問第3号答弁&第4号質問「深沢地域整備事業」

文書質問第3号の答弁はあまりに酷い内容である。
まず、質問した事にきちんと答えていない。
また、嘘が散見される内容である。
分かっていて嘘を言っているのか?勉強不足で事実誤認をしているのか?
市長以下幹部職員及び関根正人教授他の先生方の、利己主義による人の命を蔑ろにする態度を許してはいけない。

伺おう、何の為にハザードマップを出しているのか?

👉 洪水ハザードマップ

何故、滑川、神戸川は想定最大規模の降雨量が309mmなのに、柏尾川は632mmなのか?

貴方達は理解できない程低レベルなのですね?

 

 

31

↑文書質問第3号「質問」

32_20200815170801

↑文書質問第3号「回答-1」

33

↑文書質問第3号「回答-2」

 

👇第3号の答弁があまりに酷いので再質問

 

4_20200815170901

↑文書質問第4号

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

令和2年7月豪雨募金←click

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

鎌倉市役所不祥事50件

鎌倉市政50の課題

植木剪定材処理の不正について(9回シリーズ)

コロナ感染者数

アフターコロナ本当の地方創生は始まるか?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

長嶋たつひろHP

長嶋発行新聞(3期目版第100号~)

気候非常事態世界の状況

長嶋議会質疑動画 youtube

令和2年度一般会計予算長嶋反対討論

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

 

| コメント (0)

2020年8月14日 (金)

◆松尾市長支離滅裂答弁😲

※松尾市長定例記者会見

☝️ clickで音声

・18分40秒~噂の東京マガジン質問
・22分~市長答弁

👇️注目すべき市長答弁
市役所の移転につきましてでもですね、え~計画通り進めて行くと言う事には大きな変更はありません
ただ実際にこのコロナ禍と言う中においては、市役所のあり方と言うところについては見直しをしていく必要があると言うふうに思っています。
先ほど申し上げましたように、これからまあ、市役所をつくっていくにあたってはですね、市民の方が市役所の窓口に来ると言うよう事はほぼ無くなってくるだろう、と言う風に思います。
そういう事からすると、これまでと同じような市役所の大きさと言う事が必要無くなってくると言うような事も当然考えられます。
市民の皆さんのサービスを低下せずにですね、この市役所本庁舎はよりコンパクトにして行くと言う事を実現していく必要があると言う風に考えています。

🚨大きな変更点は無いと言っておきながら→あり方を見直す?よりコンパクトにしていく?と支離滅裂な答弁。

現本庁舎は約13,000㎡⇒新本庁舎は約25,000㎡を予定。

↑の答弁通りなら倍近い面積の本庁舎を建てるのは完全におかしいです。

Photo_20200813190101

↑現本庁舎分類別面積

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本庁舎移転過去の経過

ごみ問題過去の経過

本庁舎移転・深沢地域整備事業対案👈️対案

⭕市長に意見を言おう⁉️
秘書課秘書担当
御成町18-10 本庁舎2階
電話:0467-23-3000
内線:2210・2211
Fax:0467-23-8700
📩:hisyo@city.kamakura.kanagawa.jp 

長嶋たつひろHP

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

 

 

| コメント (0)

2020年8月 8日 (土)

◆8月9日放送【噂の東京マガジン】「鎌倉市市庁舎移転問題」

古都鎌倉で論争!市庁舎の移転問題は今…コロナ禍で市民は?市長に直撃 
 ☝️番組内容

 

⭕️様々な問題点があります
・現本庁舎は津波が50cm浸水するとを言っていた。
・地盤が緩く基礎地盤までの杭打ちは28m(現庁舎7m)。
◯柏尾川は特定都市河川で水害が大きな問題。
想定最大規模降雨の時に浸水する事を隠していた👉ハザードマップ
△柏尾川は全体的に家屋倒壊等氾濫想定区域(河岸侵食)に指定されている。
△新川合流地点から下流は家屋倒壊等氾濫想定区域(氾濫流)に指定されている。
△予定地一部と手広交差点から先藤沢市境界近辺は計画規模の降雨でも浸水する。
△地盤の嵩上げをすると近隣住宅地が浸水する。この件と同様の柏尾川沿いの事例で中外製薬が住民から訴えを起こされている。👉️こちら
△本庁舎予定地近隣の地下は地下水の通り道。水はけが悪くいつも水溜まりができている。
深沢地域整備事業用地は液状化の判定が出ているゾーンがある。
緊急交通路指定想定路から離れており災害時救助や物資の輸送が困難。
・近隣の道路渋滞が激しく拡幅が必要だが必要な計画がされていない。
・近隣以外の地域は市役所に行くのは交通不便。
・東海道線村岡新駅設置はJR はまだやるとは言っていない。
・市役所職員の交通費が現状の人員で計算すると4千万円増額になる。

・職員の業務移動、通勤の交通が不便になる。

・他の公的機関は移転予定は今の所ない(警察、郵便局、銀行、観光協会、社会福祉協議会、商工会議所)。

・老朽化と言っているが現本庁舎は使用する方向性。
・大船コーナン規模のショッピングモールができると市内商店やスーパは打撃を受ける。
・人口3千人規模のマンション開発を今時行政がやるの?
・人口が増えるように勘違いしがちだが市内の横の移動が多く空家が増加する。
・現本庁舎の約2倍の面積なのにコンパクトと言って騙している。
文書質問第3号答弁では地震、津波、洪水、土砂災害など想定できる災害因子を複合的に考慮した場合「災害リスクが小さい地域である」と嘘を言っている

文書質問第3号答弁では「被災を前提」として対策を考えると言う方向性が示されている。

・鎌倉市役所の方針は国土交通省の「気候変動を踏まえた水災害対策検討小委員会」が出した方針に反する内容である。

鎌倉市深沢地区まちづくり方針実現化検討委員会防災部会  →先生方名簿
本庁舎移転予算約166億円、深沢地域整備事業区画整理約205億円

本庁舎移転・深沢地域整備事業長嶋対案👈️対案

 

2020/2/12長嶋一般質問深沢整備事業と本庁舎移転

↑ 事業費、人件費の答弁、気候非常事態宣言の答弁など 

 

2019/12/4長嶋一般質問深沢整備事業と本庁舎移転

↑ 選挙の民意、国の水害対策検討委員会、水害対応、地方自治法4条違反、道路問題、職員交通費4千万円増加、地盤の問題、緊急交通路、持続可能な経済ってなに?

 

2018/6/14 長嶋一般質問 市庁舎移転質疑

市役所移転の広報の掲載方法は問題、

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

鎌倉市役所本庁舎移転問題ブログ 

鎌倉市HP(深沢地域周辺地区のまちづくり)

本庁舎移転・深沢地域整備事業長嶋対案👈️対案

市役所移転長嶋対案ブログ

この他議会質疑動画

⭕市長に意見を言おう⁉️
秘書課秘書担当
御成町18-10 本庁舎2階
電話:0467-23-3000
内線:2210・2211
Fax:0467-23-8700
📩:hisyo@city.kamakura.kanagawa.jp 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

令和2年7月豪雨募金←click

鎌倉市役所不祥事50件

鎌倉市政50の課題

長嶋たつひろHP

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

 

| コメント (1)

2020年7月21日 (火)

◆文書質問回答「深沢地域整備事業」

Img509

Img511

回答書に関しての考察

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

鎌倉市役所本庁舎移転問題ブログ 

鎌倉市HP(深沢地域周辺地区のまちづくり)

本庁舎移転・深沢地域整備事業長嶋対案👈️対案

市役所移転長嶋対案ブログ

この他議会質疑動画

⭕市長に意見を言おう⁉️
秘書課秘書担当
御成町18-10 本庁舎2階
電話:0467-23-3000
内線:2210・2211
Fax:0467-23-8700
📩:hisyo@city.kamakura.kanagawa.jp 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

令和2年7月豪雨募金←click

鎌倉市役所不祥事50件

鎌倉市政50の課題

長嶋たつひろHP

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

 

| コメント (0)

2020年7月13日 (月)

◆文書質問「深沢地域整備事業」

Img500

↑ クリック

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

鎌倉市役所本庁舎移転問題ブログ 

鎌倉市HP(深沢地域周辺地区のまちづくり)

本庁舎移転・深沢地域整備事業長嶋対案👈️対案

市役所移転長嶋対案ブログ

この他議会質疑動画

⭕市長に意見を言おう⁉️
秘書課秘書担当
御成町18-10 本庁舎2階
電話:0467-23-3000
内線:2210・2211
Fax:0467-23-8700
📩:hisyo@city.kamakura.kanagawa.jp 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

令和2年7月豪雨募金←click

鎌倉市役所不祥事50件

鎌倉市政50の課題

長嶋たつひろHP

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

 

 

| コメント (0)

より以前の記事一覧