新型コロナウイルス

2022年9月23日 (金)

〇鎌倉市新型コロナウイルス陽性者データ/2022/09

新型コロナワクチン接種後死亡報告事例1835人(9月2日)

鎌倉市陽性者・累計22,582名(9月22曰現在)
(鎌倉市HP)
(神奈川県HP)
(神奈川県記者発表資料)

鎌倉市9月陽性者累計1652

・9月25日名発表

・9月24日名発表

9月23日65名発表←1652

9月22日68名発表

9月21日65名発表

9月20日30名発表

9月19日31名発表

9月18日56名発表

9月17日83名発表←1337

9月16日66名発表

9月15日61名発表

9月14日105名発表

9月13日98名発表

9月12日50名発表←924

9月11日113名発表

9月10日75名発表←761

9月9日89名発表

9月8日89名発表

9月7日95名発表

9月6日67名発表←413

9月5日34名発表

9月4日94名発表

9月3日61名発表

9月2日69名発表

9月1日88名発表

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

①鎌倉市陽性者累計2,029名(2021/12/31)

②鎌倉市1月陽性者合計計907名

③鎌倉市2月陽性者合計3,253名

④鎌倉市3月陽性者合計2,404名 

⑤鎌倉市4月陽性者合計1,304名 

⑥鎌倉市5月陽性者合計742名

⑦鎌倉市6月陽性者合計414名

⑧鎌倉市7月陽性者合計4,817名

⑨鎌倉市8月陽性者合計5,093名

2022年5月~8月のデータ

2022年1月〜4月のデータ

2021年9月〜12月のデータ

2021年5月〜8月のデータ

2021年1月〜4月のデータ

2020年のデータ

◯鎌倉市のデータ
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/skenkou/covid-19_infected.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

マスク正しく理解しましょう

子宮頚がんワクチンの闘いを振り返る

新型コロナウイルスBlogカテゴリー入口

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ワクチン接種約4時間後亡くなった 鎌倉の13歳

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

コロナまずは知る事から初めよう⑦
 ↑ 陰謀論では無い事がわかる証拠のリンク集

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| コメント (0)

2022年9月 7日 (水)

◆池田としえ、谷本誠一、長嶋竜弘揃い踏み

アノ3人が大集結スペシャルインタビュー
 ↑ 谷本議員の最後のオチに注目

 

元国会議員秘書
日本の人口増加を目指す男
YouTuber藤江氏動画

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

9月議会は9月7日開会

 

9月定例会のお知らせ←日程等の詳細

市長提出議案

9月定例会一般質問の質問者と質問要

 長嶋一般質問は8番目(8日木曜日2番目か3番目)

◯議会中継

パソコン  ②スマホ・タブレット

議会を傍聴するには?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

文書質問

長嶋質問YouTube(長嶋以外の動画もあり)

長嶋質問動画(鎌倉市議会HP)click

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



| コメント (0)

2022年9月 6日 (火)

◆鎌倉の学校がマスクハラスメントをまた起こす

親の意見は無視。子どもに寄り添う事をせず、自分達の保身しか考えていない。
文部科学省から鳴り物入りで来たキャリアの若い教育長にはガッカリである。二度あることは三度あるなコリぁ〜

内容👇
6月頃から顔に疾患ができた⇒それ以降マスクを外させていた⇒新学期マスクを着けたいと話していた⇒理由は「マスクを着けていないから一番前の席に固定され、毎月行う席替えに参加させてもらえないから」ということ⇒この対応について子供の精神的な負担がとても心配
新学期登校前→今日も席替えがあると言っていた⇒現在顔の疾患は治っていますが、再発の防止と熱中症のリスクやマスクへの疑念から着用はさせていない状況。
以前、妻が子どもたちのマスク着用の危険性を危惧し、鎌倉市教育委員会へ直訴したことがある⇒別添の資料を提出し、窓口の方に話を聞いていただいたのですが、当然ながら状況に変化はございません。
👇
教育指導課長ヒアリング
「マスクを着けていないから一番前の席に固定され」
→親子さんと相談の上やっている。
「毎月行う席替えに参加させてもらえないから」
→新学期からマスクをつけて登校しているので、席替えには参加している。

⭕結局同調圧力により付けさせられたと言う結果
👉教育指導課長は「自分達の保身の為の都合しか言わず、子ども達に寄り添う意識が欠如している」。前回の事例から何の反省も感じられず「二度あることは三度ある」の言葉通りになるだろう。

⭕マスクは感染症対策にマイナスにしかならない
👉教育委員会次長に「何の為にマスクをしているのか?」と聞いたところ👉「飛沫を防ぐ為」。???👉飛沫を防いでも感染症対策にはならない👉マスクの網目はウイルスの約50倍の大きさなので「エアロゾルは防げない」からである👉ウイルスが入っている飛沫を防いでも、水分が乾燥したら吸い込んでしまう👉マスクで口呼吸になり口と喉が乾燥して唾液がなくなる事で感染しやすくなる👉鼻は鼻毛と粘膜で異物をブロックするので鼻呼吸ならリスクは大幅に軽減される👉マスク着用で口の周りは→二酸化炭素濃度は危機なレベル→湿度100%→温度上昇👉マスクは数時間で雑菌とウイルスだらけになる👉マスクは性能に差があり最低N95クラスでないと意味ない👉吸い込むと危険な成分で製造された物もある。

👇前回のマスクハラスメント
👇
別添資料

鎌倉市教育委員会 御中

日頃より、鎌倉市の教育行政に尽力いただきましてありがとうございます。
 現在、熱中症リスクから文部科学省より夏季のマスク着用について留意点が示されております。それに伴い、マスク着用が不要となる場面についての対応を鎌倉市教育委員会様で検討いただき、学校においても登下校
中や屋外での活動時にはマスクを外すよう呼びかけられています。しかし、登下校中や屋外で遊ぶ児童・生徒
の大多数はマスクを着用しており、厚生労働省や文部科学省から示されている内容や、学校からの指導の意味が十分に伝わっていないように感じられます。
 2年という長い期間マスク着用を実質義務づけられていた子どもたちとしては、着用が日常化し、その必要性を判断することが不可能であることは当然です。私は医療従事者として、マスク着用が感染拡大防止となる以上に子どもたちの身体的・精神的健康を害するものであると認識しており、各人が十分な知識を持たず、十分な判断をせずに不適切なマスク着用を継続している現状に強い不安を抱いております。
つきましては、下記の内容について検討いただきたくお願い申し上げます。

①直ちに対応していただきたいこと⇒【鎌倉市教育委員会の学校継続ガイドラインの文言の見直し】
学校でのマスク着用について、文部科学省が示している『学校における新型コロナウイルス感染症に関する。
衛生管理マニュアル』においては、マスクの着用を含む基本的な感染対策は“推奨”とされています。しかし、現在の学校継続ガイドラインの一部には“教職員、児童・生徒もマスクを着用します”と記載されており、この断定的な表現からは義務づけを連想せざるを得ません。実際、保護者からは「マスクを着けさせたくないのだけど、学校からするように言われているので仕方がない。」との発言を多く耳にします。そのため、この記載方法について、“マスク着用はあくまで推奨であり、着用の有無は各家庭・個人の判断で選択するものである”ことを明記していただくようお願いいたします。

②中期的に対応していただきたいこと⇒【夏季の屋内でのマスク着用の見直し】
熱中症の危険性が高まる期間について、気温・湿度や暑さ指数が高い日の屋外や体育の授業・運動遊びの際にはマスク着用が不要との記載がありますが、熱中症の約40%は屋内で発生しています。感染症対策として換気が推奨されているため冷房の効率は低下し室内が高温となること、気候変動も伴い真夏日や猛暑日が増加していることを考慮するとその危険性はさらに高まり、特に屋内でも常に活発に活動している子どもにおいては熱中症リスクが非常に高い状態となります。現在も呼吸苦を自覚した際にはマスクを外すよう指導されているようですが、前述の通り、子どもにマスク着脱の判断を委ねることは不可能です。
そのため、熱中症を回避するためには体育の授業に限らず屋内でもマスクを外すことを徹底する必要があると思われますので、夏季の屋内でのマスク着用について見直しをお願いいたします。

③長期的に対応していただきたいこと⇒【学校生活におけるマスク着用の完全撤廃】
マスク着用が長期化しており、着用による弊害が多く報告されております。これらは熱中症リスクのように一定期間のみにみられる問題ではなく、年間を通して生じているものです。感染対策以上に熱中症対策が重要視されるのであれば、子どもに対してはこのような弊害も感染症以上に重大な問題であると捉えられるべきだと思われます。
このことから、年間を通して、場所や状況を問わず、学校生活においてマスクを着用せずに過ごすことが可能となるよう対応をお願いいたします。なお、学校継続ガイドラインにおいて、体育の授業やその他の活動における運動時にはマスクを外すことが明記されていますので、熱中症のリスクが高い期間とされている6月~9月末日以降もマスクを外すことを徹底していただきたいです。
運動時のマスク着用が、呼吸機能や心機能などへの生理学的な悪影響を及ぼすことは明白です。命を落とす危険性があるのは、感染症や熱中症だけではありません。よろしくお願いいたします。

最後に、各教育委員会においては『学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル』に沿いながら子どもたちのことを考え最大限の対応を検討していただいていることは重々承知しております。
しかし、私はこの衛生管理マニュアル自体にどれほどの科学的根拠が含まれ、感染拡大防止に効力を発揮しているのかということへの疑問を抱いております。この2年間における様々な研究により、マスク着用が新型コロナウイルス感染拡大防止に有効な手段とならないことが立証されています。
今一度、教育現場という一般社会とは異なる場においての優先事項を再考していただき、マニュアルの見直しをしていただくことを強く希望しております。しかし、私のような一保護者からの訴えではその要望を聞き入れていただくことは難しいと理解しております。どうか、鎌倉市教育委員会様のお力添えをいただき、文部科学省へマニュアル見直しの声を上げていただきたいと強く願っております。

子どもたちの笑顔がたくさんみられる地域に戻れるよう、何卒よろしくお願いいたします。

☝
親子さんが出されたこの素晴らしい文書は、教育委員会宛にもかかわらず、教育委員会は存在すら知らなかった。学校が握り潰したと思われます。

⭕是非ご意見を❗
・教育指導課 
0467-61-3812
shidokyo@city.kamakura.kanagawa.jp
・教育総務課
0467-61-3740
kyouiku@city.kamakura.kanagawa.jp
・ご意見ネット受付
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/.../goiken_goteian...


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

マスク正しく理解しましょう

子宮頚がんワクチンの闘いを振り返る

新型コロナウイルスBlogカテゴリー入口

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ワクチン接種約4時間後亡くなった 鎌倉の13歳

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

コロナまずは知る事から初めよう⑦
 ↑ 陰謀論では無い事がわかる証拠のリンク集

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





| コメント (0)

2022年9月 3日 (土)

◆ 新型コロナワクチン接種後死亡報告事例1,835人(9月2日)

〇新型コロナワクチン接種後死亡報告事例1,835

コミナティ筋注(ファイザー)
令和3年2月17日~令和4年8月7日迄に報告された死亡事例は1,643件
うち4回目接種後の事例は12件
令和4年8月8日〜8月19日迄に医療機関又は製造販売業者から報告された死亡事例は13
うち4回目接種後の事例は6件
①👉合計1,656件(内因果関係認められない10件)

スパイスバックス筋注(武田薬品)
令和3年5月22日~令和4年8月7日迄に報告された死亡事例は171
うち4回目接種後の事例は2件
令和4年8月8日から令和4年8月19日迄に医療機関又 は製造販売業者から報告された死亡事例は5
うち4回目接種後の事例は2件
②👉合計176件(内因果関係認められない1件)

バキスゼブリア筋注(アストラゼネカ)
令和3年8月8日から令和4年8月19日報告された死亡事例は0件
👉1件

④ヌバキソビッド筋注(武田薬品工業)
令和4年8月8日から令和4年8月24日報告された死亡事例は1件

コミナティ筋注5〜11歳(ファイザー)
令和3年2月21日~令和4年8月7日迄に報告された死亡事例は1件。
④👉1件

①+②+③+④+⑤ 接種後死亡報告合計1,835人(内11名が因果関係が認められないとの事)

第83回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和4年度第11回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)←全体資料

⑤重篤者数

男性8,262人女性15,281人合計23,879人

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

鎌倉市陽性者数5月~8月/ワクチン接種実績/救急搬送数実績

鎌倉の人口と世帯数(月別出生・死亡数)

鎌倉の統計

◯当月及び当月を含む過去1年間の動向(6月)
※当月を含む過去1年間の死亡者数
令和4年
1455437人
令和3年
1392766人(令和4年は+62671増加)
令和2年
1385247人(令和4年は+70190増加)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ワクチン接種約4時間後亡くなった 鎌倉の13歳

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

コロナまずは知る事から初めよう⑦
 ↑ 陰謀論では無い事がわかる証拠のリンク集

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| コメント (0)

2022年9月 2日 (金)

◆鎌倉市新型コロナウイルス陽性者数/2022年5月~8月/ワクチン接種実績/救急搬送数実績

新型コロナワクチン接種後死亡報告事例1,796人(8月5日)

 

鎌倉市陽性者累計20,993名(8月31曰)
(鎌倉市HP)
(神奈川県HP)
(神奈川県記者発表資料)

鎌倉市8月陽性者累計5093

8月31日101名発表

8月30日86名発表

8月29日57名発表←4907

8月28日81名発表

8月27日115名発表←4769

8月26日105名発表

8月25日122名発表

8月24日147名発表←4427

 👉1名死亡発表

8月23日154名発表

8月22日96名発表←4126

8月21日179名発表

8月20日146名発表

8月19日189名発表←3705

8月18日163名発表

8月17日186名発表

8月16日145名発表←3167

8月15日153名発表

  👉1名死亡発表

8月14日129名発表

8月13日162名発表←2740

8月12日292名発表←2578

8月11日198名発表←2286

8月10日173名発表

8月9日218名発表←1915

8月8日138名発表

8月7日205名発表←1559

8月6日242名発表

8月5日178名発表←1112

8月4日244名発表

8月3日334名発表

8月2日237名発表

8月1日119名発表

鎌倉市7月陽性者累計4817

7月31日275名発表

7月30日244名発表

7月29日325名発表←4298

7月28日307名発表←3973

7月27日260名発表←3666

7月26日255名発表

7月25日155名発表←3151

7月24日256名発表←2996

7月23日265名発表

7月22日249名発表

7月21日299名発表←2226

7月20日193名発表 ←1927

7月19日126名発表 ←1734

7月18日95名発表 ←1608

7月17日164名発表 ←1513

7月16日150名発表 ←1349

7月15日157名発表 

7月14日137名発表←1042

7月13日188名発表

7月12日103名発表←717名

7月11日45名発表

7月10日100名発表←569

7月9日87名発表

7月8日96名発表

7月7日68名発表

7月6日57名発表←218

7月5日56名発表

7月4日14名発表105

7月3日32名発表

7月2日34名発表

7月1日25名発表

鎌倉市6月陽性者累計414

6月30日27名発表

6月29日18名発表

6月28日17名発表

6月27日10名発表

6月26日17名発表

6月25日17名発表←326

6月24日12名発表

6月23日17名発表

6月22日26名発表

6月21日19名発表

6月20日7名発表←235

6月19日15名発表

6月18日10名発表

6月17日12名発表

6月16日9名発表

6月15日7名発表

6月14日15名発表←175

6月13日5名発表

6月12日7名発表

6月11日10名発表

6月10日13名発表

6月9日9名発表

6月8日14名発表 

6月7日13名発表←102

6月6日9名発表

6月5日12名発表

6月4日21名発表

6月3日16名発表

6月2日13名発表

6月1日18名発表

◯鎌倉市5月陽性者累計742名 

5月31日26名発表

5月30日10名発表

5月29日21名発表←706

5月28日13名発表

   👉死亡者1名発表

5月27日12名発表

5月26日27名発表

5月25日18名発表

5月24日17名発表 ←615

5月23日10名発表

5月22日18名発表

5月21日31名発表

5月20日32名発表

5月19日36名発表 ←507

5月18日30名発表

5月17日40名発表

5月16日26名発表←401

5月15日24名発表

5月14日23名発表

5月13日28名発表

5月12日25名発表←300

5月11日31名発表

5月10日28名発表

5月9日20名発表←216

5月8日29名発表

5月7日35名発表

5月6日28名発表

5月5日18名発表←104

5月4日28名発表

5月3日27名発表

5月2日9名発表

5月1日22名発表

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

①鎌倉市陽性者累計2,029名(2021/12/31)

②鎌倉市1月陽性者合計計907名

③鎌倉市2月陽性者合計3,253名

④鎌倉市3月陽性者合計2,404名 

⑤鎌倉市4月陽性者合計1,304名 

⑥鎌倉市5月陽性者合計742名

⑦鎌倉市6月陽性者合計414名

⑧鎌倉市7月陽性者合計4,817名

⑨鎌倉市8月陽性者合計5,093名

2022年1月〜4月のデータ

2021年9月〜12月のデータ

2021年5月〜8月のデータ

2021年1月〜4月のデータ

2020年のデータ

◯鎌倉市のデータ
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/skenkou/covid-19_infected.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
〇ワクチン接種実績

①②1・2回目接種の回数実績(令和4年1月3日時点)
接種件数
1回目…140,585回
2回目…139,564回
接種率
1回目…86.98%
2回目…86.35%
3回目接種の回数実績(令和4年8月21日時点)
接種件数
116,346回
接種率
71.98%
65歳以上高齢者(令和4年4月19日時点)
接種件数
45,124回
接種率
83.54%
4回目接種の回数実績(令和4年8月21日時点)
接種件数(全体)
35,650回(うち60歳以上は33,261回)
60歳以上の接種率
52.04%
5~11歳2回目接種完了者
10.46%
1回目1121人、2回目1030人

〇救急搬送数
6月925(113%)(内熱中症搬送14)
7月1159(137%)(内熱中症搬送28)
8月1151(140%)(内熱中症搬送17)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

マスク正しく理解しましょう

子宮頚がんワクチンの闘いを振り返る

新型コロナウイルスBlogカテゴリー入口

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ワクチン接種約4時間後亡くなった 鎌倉の13歳

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

コロナまずは知る事から初めよう⑦
 ↑ 陰謀論では無い事がわかる証拠のリンク集

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| コメント (1)

2022年8月30日 (火)

◆コロナ関連記事リンク集

全国有志医師の会からの共同声明(ワクチン接種について)
http://kamakurasi.air-nifty.com/blog/2022/08/post-c71019.html

〇新型コロナ第7波「死者数増加」の不気味…「第6波1万2888人」超え過去最多更新の勢い/日刊ゲンダイ


◯WHO(世界保健機関)は今月8日から14日までの1週間の感染状況をまとめた。1週間の新規感染者数は日本が139万5301人で4週連続最も多くなった。世界全体の4分の1を占める。同期間の日本の死者数は1647人と米国に次いで世界で2番目に多かった。

〇本当に〝コロナ死か〟第7波の死者数「過去最多」で「世界2位」 地方自治体から「直接はコロナ以外が大半」の声、定義や公表方法の見直しを/夕刊フジ
〇新型コロナ第7波 愛知県の死者数400人超、しかしコロナ肺炎での死者はゼロの実態を解説!【大石が深掘り解説】
〇【昨日発表】第7波で亡くなった方の接種歴は?/藤江さん動画

オミクロン株対応のワクチン、10月半ばにも追加接種開始へ…5~11歳は「努力義務」に

<新型コロナ>10代死亡…2回接種の男子学生、基礎疾患なし

アメリカでは癌死が急増中

【独自】“モラルなき”感染者急増 保険金目当て?療養延期… 「陽性者なりたい」人も

【速報】岸田総理が新型コロナ感染 「昨晩から、微熱、咳などの症状」で検査受け陽性判明 総理公邸内で療養

岸田総理8月16日4回目接種

のど飴の殺菌成分がコロナ変異株を不活化する?

注射器のトリック

新世代の農薬「RNAスプレー」は、化学農薬に代わるゲームチェンジャーになるか

マスクが感染リスクをアップさせている可能性はないのか

マスク内の二酸化炭素測定

感染爆発する理由 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ワクチン接種後約4時間亡くなった鎌倉の13歳

コロナまずは知る事から初めよう⑦

2022/07/02鎌倉上映会・井上正康教授講演

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〇映画レンタル

「真実を教えて下さい コロナワクチン被害者遺族  ~愛する家族の生きた証を残したい~」

〇コロナがプランデミックとわかる動画

シノケン動画/妄想戦争(スパーズパンデミック)

世界の陰謀、グレート・リセット!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

| コメント (0)

2022年8月29日 (月)

【13才少年】最期の日のエピソード【長嶋竜弘 鎌倉市議】8/16町田上映会

【13才少年】最期の日のエピソード【長嶋竜弘 鎌倉市議】8/16町田上映会
https://sp.nicovideo.jp/watch/sm40943196

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国有志医師の会からの共同声明(ワクチン接種について)

「真実を教えて下さい コロナワクチン被害者遺族  ~愛する家族の生きた証を残したい~」映画レンタル開始

ワクチン接種被害者ご遺族のメッセージ

4人のお子さんを残して36歳で亡くなったご遺族すーさんのメッセージ

接種後に13歳少年が死亡、一体何があったのか?報告した医師そして厚労省の評価は?【大石が深掘り解説】

12月定例会長嶋一般質問後半(10代死亡者家族のメッセージ)(2021/12/06)

11月臨時会ワクチン3回目接種予算質疑(鎌倉で10代の接種後死亡者)(2021/11/25)

2022年7月2日鎌倉上映会&講演会

「井上正康教授講演」 ②対談「井上正康教授×長嶋竜弘議員」  ③資料リンク集

〇コロナがプランデミックとわかる動画

シノケン動画/妄想戦争(スパーズパンデミック)

世界の陰謀、グレート・リセット!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| コメント (0)

2022年8月22日 (月)

◆全国有志医師の会からの共同声明(ワクチン接種について)

全国有志医師の会は、新型コロナウイルス感染症対策の抜本的変更、及び新型コロナワクチン接種事業の即時中止を強く求めます。

全国有志医師の会一同

※全国有志医師の会のホームページでPDFデータ
https://vmed.jp/wp-content/uploads/db27d417b5cd453001cc3a37caa4fa8f.pdf

★緊急声明文(全文)

5〜11歳の子ども達への新型コロナワクチン接種の「努力義務」規定、に強く抗議します。
子ども達、若者達への新型コロナワクチン接種の即時中止を求めます。

 去る8月8日、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会において、5〜11歳の子ども達の新型コロナワクチン接種について9月上旬にも「努力義務」を課すことが了承されました。1)
新型コロナウイルス感染症でほぼ重症化しない子ども達に、感染予防効果が1ヶ月程度でマイナスに転じる可能性のある武漢株対応ワクチンを努力義務にしたのです。

 子どもへのワクチン接種に関しては、英国では免疫不全者と同居している小児は接種可能としながらも基本的に重症化リスクが高い小児に限って推奨されており、ドイツでは基礎疾患を有する場合や重症化リスクのある者と接触のある場合に推奨するとされています。2)
さらにデンマークでも、健康な18歳未満の若者に対するワクチン接種は一般的には提供されず、重症化リスクがある場合など特定の医学的評価を経て提供することが可能としています。3)子どもや若者がオミクロン変異体のCOVID-19によって重症化することはごく稀であることから、ベネフィットよりリスクが上回ると判断しての事です。

 世界の中で日本だけが、子ども達、若者を守ろうとしない国だという事が証明されてしまいました。
ワクチン接種率世界トップクラス、マスク装着率世界トップクラスの日本が、現在は新型コロナウイルス感染者数世界ナンバー1となっています。冷静に考えれば、これだけでも日本の感染症対策が間違っているという事が判断できます。

 また2回目までのワクチン接種を終えたすべての人を対象に、オミクロン変異体対応のmRNAワクチン接種を10月中旬以降に開始する方針も決まりました。1)
オミクロン変異体対応といわれる2価ワクチンは、武漢株とBA.1変異体のスパイクタンパクを産生するmRNA遺伝子製剤です。これまでにほとんど臨床試験が行われていませんし、どのようなマイナスの影響があるかは不明です。現在流行しているBA.5変異体にはほぼ無効であることが予想されますし、秋にはBA.5変異体とは別の変異体が流行しているでしょう。

 さらに武田薬品のノババックスも塩野義製薬のコロナワクチンも武漢株スパイクタンパクの遺伝子組換え製剤です。つまり国内産のコロナワクチンもすべて武漢株対応ワクチンでオミクロン変異体への効果は期待できません。

 昨年4月に、医学雑誌Circulation Researchにコロナウイルスのスパイクタンパクに血栓を形成し、内皮を傷害する毒性があることが発表されました。4)その後、世界各国からコロナウイルスのスパイクタンパクが血栓形成毒性を持つことを示唆する論文が多数発表されています。mRNAワクチンには、このコロナウイルスのスパイクタンパクの血栓形成毒性を除去した形跡が認められず、実際に接種後に血栓に関連する副反応が多数報告されています。5)

 これらのことから、このようなタンパク質を発現する遺伝子製剤やタンパク質自体を体内に投与することは医学的に大きなリスクを生じると予想されます。


(1)厚労省のこれまでの統計から、子ども達、若者は新型コロナウイルスに感染してもほとんど重症化せず、オミクロン変異体に至ってはインフルエンザによる被害よりも小さいことが分かっています。

(2)現在、感染拡大しているオミクロン変異体(BA.5変異体)は「普通の風邪と大差ない」と8月2日に日本感染症学会が緊急声明を発表しており、新型コロナウイルスワクチンは特例承認の要件を満たさなくなっています。

(3)5〜18歳未満の子ども達の新型コロナワクチンによる副反応報告は914件。うち重篤は284件(未回復55件、後遺症あり4件)、死亡は5件にのぼります。(2022年6月10日ワクチン副反応検討部会資料より)

(4)重要な副反応として心筋炎・心膜炎があり、特に若年層の男性での報告例が多いことが分かっています。ブライトン分類1〜3の報告数は、ファイザー社で106例、モデルナ社で70例あり、29歳未満の男性はファイザー社で55例(51.9%)、モデルナ社で49例(70.0%)と若年男性に集中しています。(2022年8月5日ワクチン副反応検討部会資料より)

(5)新型コロナワクチンの中長期的な副反応・副作用は未だに分かっていません。

 「普通の風邪と大差ない」感染症に対してワクチンの特例承認を取り消すべきであり、ほとんど重症化しないことが分かっている子ども達、若者に対して、上記の様なリスクを負わせるワクチン接種を推奨するメリットは全くなく、デメリットしか考えらません。

 さらに、自治体によっては今後の母子手帳に新型コロナワクチン接種のスケジュールが記入されたものが配布されるという事も明らかとなりました。

 世界の多くの国が特別な感染対策を中止し、ワクチン接種から撤退している中、日本だけが子ども達も含めてワクチン接種を繰り返して行っていこうとしている事に、私たちは大きな危機感を持っています。
未来ある子ども達、若者達への新型コロナワクチン接種の即時中止を求めます。また5〜11歳の子ども達への新型コロナワクチン接種の「努力義務」規定に強く抗議し、その撤回を求めます。

2022年8月17日  全国有志医師の会

(賛同団体)

全国有志議員の会(長嶋が副代表です)
全国有志看護師の会     
一般社団法人 市民審議会   
コロナワクチン被害者駆け込み寺    
全国有志保育士の会    
NPO法人Zen    
一般社団法人 命と人権のライト    
日本の次世代を守る会    
全国有志保護者の会    
新型コロナ騒動を終わらせる全国有志の僧伽    
『愛のててつなごう』
子ども達の未来を考える会    
被害者サポート有志の会    
ノーマスクサポートセンター
子どもの未来を守る父母の会    
こどもコロナプラットフォーム山梨県賛同者の会
山梨の子どもを守ろう会    
栃木 命と人権を守る市民の会    
札幌有志市民の会
子どもの笑顔と未来を守る会 岡崎
子どもの権利は大人が守る 北海道
スト☆ワク市民ネットワーク
(2022年8月17日現在)

 

今後も引き続き、賛同団体を募集しています

賛同についてのお問い合わせはこちらから
mail-maga@vmed.jp
全国有志医師の会 代表 藤沢明徳

【参考資料】
1)第34回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会【資料1】
https://my159p.com/l/m/RZtALfIjTj9ow2

2)第30回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会 資料1
https://my159p.com/l/m/EBO9wEcXKoUddW

3)Danish Health Authority. https://my159p.com/l/m/9vzG5fx4iaVTIf

4)Yuyang Lei et al. SARS-CoV-2 Spike Protein Impairs Endothelial Function via Downregulation of ACE 2. Circulation Research. 2021;128:1323-1326. https://my159p.com/l/m/gnKNLuZkL4I3EW

5)第82回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和4年度第8回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)【資料1-1-1】【資料1-2-1】
https://my159p.com/l/m/iRiI0Bk7iPCmIz
https://my159p.com/l/m/mAwxcPMxaFhG8O

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ワクチン接種後約4時間亡くなった鎌倉の13歳

コロナまずは知る事から初めよう⑦

2022/07/02鎌倉上映会・井上正康教授講演

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〇映画レンタル

「真実を教えて下さい コロナワクチン被害者遺族  ~愛する家族の生きた証を残したい~」

〇コロナがプランデミックとわかる動画

シノケン動画/妄想戦争(スパーズパンデミック)

世界の陰謀、グレート・リセット!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| コメント (0)

2022年8月20日 (土)

◆映画「真実を教えて下さい2~愛する家族の生きた証を残したい~」埼玉県杉戸町上映会

映画「真実を教えて下さい2
~愛する家族の生きた証を残したい~」上映会&講演会
8月20日(土) 埼玉県杉戸町(最寄り駅・東武動物公園駅)
・「鵜川和久」コロナワクチン被害者駆け込み寺代表
・「長嶋竜弘」鎌倉市議会議員

私からのお願い
ケネディjr が5回言って欲しいと言われていましたが、被害の事実を3人に伝えて欲しい。
そしてそのお相手には上映会に足を運んでもらいたい。

 

4人のお子さんを残して36歳で亡くなったご遺族「すーさん」

宮城の被害者 スーさんツイッター

スーさん宮城上映会でのメッセージ

ワクチン接種4時間後に亡くなった鎌倉の13歳

ワクチン接種約4時間後に亡くなった鎌倉の13歳動画/CBC・長嶋議会動画

 

 

新型コロナウイルスパンデミックはプランデミック、誰かの利益の為に行われている

👉シノケン動画(SPARS Pandemic)
   ↑ ディープステートの闇のシナリオ入手!衝撃36ヶ月ワクチンコースの内容は?(三回シリーズ)

なぜ?⇒鎌倉市は税収入が増加、過去最高の予算、財政調整基金も過去最高額

👇

メディアによる情報統制が行われ、一方的な情報しか受け取れない状態が現状であり、皆さんが知っているような世界の大企業の多くは機関投資家グループが握っています

少数の供給者が市場を支配
ブラックロック、バンガード(2017年から10年2250兆円)
2021年時点で→バンガード7.3兆ドル、ブラックロック10.1兆ドル、
アメリカと中国のGDPに次ぐ世界第3位(日本5兆ドル)

10億ドル以上に2668人
世界の富裕層上位8位と経済的に恵まれていない半分の36億7500万人と資産がほぼ同じ
パンデミックで世界の富豪トップ10名の資産が2年で倍以上に膨らんでいる。

世界の陰謀、グレート・リセット!

世界の真実!永久保存版
   ↑ 上のリンクの投資家の話の詳細

👇

戦争もビジネス。今や民間委託。
イラク戦争もつくられた。フセイン。

ウクライナ真実の証言🎥
   ↑ 現地住民の声はメディア情報とかけ離れています

日米委員会、総理さえ権限がない日本

・国防長官ロイドオーステインは武器会社レイセオ社(ロックフェラー財団系)取締役
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ロイド・オースティン

・バンガードグループ
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/バンガード・グループ

・ブラックロック
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ブラックロック

 

 

データよりコロナのおかしさ説明

厚生労働省データ改竄について

  👉2022年6月議会一般質問資料 

  👉2022年2月議会一般質問資料

  ↑ ワクチン接種後亡くなるまでの日数で因果関係を証明

ファイザー1291種類コロナワクチン有害事象一覧

新型コロナワクチン接種後死亡報告事例1,796人(8月5日)

第91回(7月21日)感染症対策アドバイザリーボード

 ↑ 接種者の方が感染者が多い事がわかる証明

浜松市感染者動向

  ↑ 未接種者も接種者も重症化率は変わらない証明

◆鎌倉市死亡者数比較
①令和4年1月236人
(昨年比114.01%、一昨年比114.56%)
②令和4年2月189人
(昨年比114.54%、一昨年比126.84%)
③令和4年3月218人
(昨年比117.20%、一昨年比132.12%)
④令和4年4月191人
(昨年比109.14%、一昨年比135.46%)
⑤令和4年5月182人
(昨年比108.33%、一昨年比123.80%)
⑥令和4年6月158人
(昨年比101.94%、一昨年比103.95%)

令和3年1月207人
令和3年2月165人
令和3年3月186人
令和3年4月175人
令和3年5月168人
令和3年6月155人

令和2年1月206人
令和2年2月149人
令和2年3月165人
令和2年4月141人
令和2年5月147人
令和2年6月152人

👉鎌倉市の10年間平均の年死亡者数1,893人
 (1日5.1863人亡くなっている)
👉鎌倉市の2021年死亡者数2,093人
 (1日5.7340人亡くなっている)
👉10年平均死亡者数より200人増(約1割)

国内死亡数が急増、1~3月3.8万人増 10.1%増

鎌倉市1月〜4月死亡者データ

令和4年鎌倉市の救急出動件数大幅増加中

新型コロナワクチン接種後死亡報告事例1,796人(8月5日)

 

令和4年PCR陽性者死亡者

220日(公表219日)、70代男性

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/prs/r1226640.html

216日 自宅にて、新型コロナウイルス感染症による肺炎により死亡。

31日(公表225日)、70代男性

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/prs/r2583644.html

224日 同医療機関にて新型コロナウイルス感染症による肺炎により死亡。

コロナ以外死亡認定①33日(公表222日)、70代女性

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/prs/r6946644.html

221日 同医療機関にて他疾患により死亡。

311日(公表34日)、90代女性

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/prs/r9947327.html

38日 同施設にて新型コロナウイルス感染症により死亡

コロナ以外死亡認定②311日(公表37日)、80代女性

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/prs/r9947327.html

311日 同施設にて他疾患により死亡。 

315日(公表34日)、80代女性

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/prs/r6473318.html

38日 同医療機関にて新型コロナウイルス感染症による肺炎により死亡。

328日(公表313日)、70代男性

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/prs/r5004349.html

313日 同医療機関にて新型コロナウイルス感染症による肺炎により死亡。

410日(公表311日)、90代男性

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/prs/r9698315.html

323日 同医療機関にて新型コロナウイルス感染症により死亡。

410日(公表326日)、90代男性

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/prs/r9698315.html

326日 同医療機関にて新型コロナウイルス感染症による肺炎により死亡

413日(公表312日)、80代男性

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/prs/r3596555.html

315日 同医療機関にて新型コロナウイルス感染症により死亡。

413日(公表316日)、90代女性

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/prs/r3596555.html

317日 同医療機関にて新型コロナウイルス感染症による肺炎により死亡。

415日(公表312日)、80代男性

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/prs/r3986042.html

316日 同医療機関にて新型コロナウイルス感染症により死亡。

415日(公表313日)、80代男性

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/prs/r3986042.html

314日 同医療機関にて新型コロナウイルス感染症による肺炎により死亡。

415日(公表316日)、80代女性

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/prs/r3986042.html

326日 同医療機関にて新型コロナウイルス感染症による肺炎により死亡。

420日(公表314日)、90代女性

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/prs/r7866333.html

315日 同医療機関において新型コロナウイルス感染症により死亡。

420日(公表314日)、80代女性

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/prs/r7866333.html

317日 同医療機関において新型コロナウイルス感染症による肺炎により死亡。

528(公表54)、80代男性

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/prs/r6109795.html

524日 同医療機関にて新型コロナウイルス感染症により死亡。

⑯8月9日(公表8月15日)、90代女性

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/prs/r2373048.html

8月9日 自宅にて新型コロナウイルス感染症により死亡。

 

ワクチン接種始まると感染者急増する要因のまとめ

👉接種後2週間は感染しやすくなる。
魔の2週間にブレークスルー感染が発生する。
CDCのブレークスルー感染指針ではワクチン接種後2週間は未接種としてカウントされる。
・抗体を作る為にリンパ球を 消費する為リンパ球が減少する。
・抗体を作るB細胞がスパイク蛋白抗体を量産すると消費をされて他の抗体が作れなくなる。
https://www.macrophi.co.jp/special/1889/

👉Treg を誘導する
Treg(制御性T細胞)は自己免疫疾患や健康な細胞に対する誤った破壊を防ぐために、免疫系を負に制御し、免疫系の恒常性の維持に働いている免疫細胞。
TregがTGF-Bβを介して自然免疫、細胞免疫、抗体免疫の全ての免疫を抑制
・細胞性免疫(T細胞)
・液性免疫(抗体)
・免疫グロブリンA(Iga)抗体
https://www.macrophi.co.jp/special/1496/

👉Tp53遺伝子を抑制してしまう
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/P53遺伝子
↑これは癌が増える要因

👉選択圧現象が発生する
パンデミックの最中に大量のワクチンを接種すると、スパイク蛋白の抗体に対する耐性を得た免疫逃避した変異株が猛威をふるい、他株を淘汰するので感染が爆発する。
一度に多くの人が同じ抗体を同時に持つという状況はあまり無いが、そうすると選択圧は高まる。
ウイルスにとっては変容して進化をする格好の条件になる。

👉抗原原罪が起こる
最初に誘導して出来た抗体が、後に出現する変異株に対する抗体誘導を阻害する現象。
武漢株に対する抗体産生に偏り、変異株に対する抗体を産生しにくい。
変容ウイルスに対してはワクチンが難しいと言う事。

👉抗体の親和性成熟が起こる
追加免疫を行うことにより、抗体はより特異的に抗原に結合することになります。つまり三回目の接種では、抗体が武漢型にしか結合しない方向に成熟します。
オミクロン株により反応しにくくなる。 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

コロナまずは知る事から初めよう⑦
 ↑ 陰謀論では無い事がわかる証拠のリンク集

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

| コメント (0)

2022年8月17日 (水)

◆ 新型コロナワクチン接種後死亡報告事例1,796人(8月5日)

〇新型コロナワクチン接種後死亡報告事例1,796

コミナティ筋注(ファイザー)
令和3年2月17日~令和4年7月10日迄に報告された死亡事例は1,616件
うち4回目接種後の事例は1件
令和4年7月11日〜7月22日迄に医療機関又は製造販売業者から報告された死亡事例は10
うち4回目接種後の事例は4件
①👉合計1,626件(内因果関係認められない10件)

スパイスバックス筋注(武田薬品)
令和3年5月22日~令和4年7月10日迄に報告された死亡事例は162
うち4回目接種後の事例は0件
令和4年7月11日から令和4年7月22日迄に医療機関又 は製造販売業者から報告された死亡事例は6
うち4回目接種後の事例は1件
②👉合計168件(内因果関係認められない1件)

バキスゼブリア筋注(アストラゼネカ)
令和3年8月3日から令和4年7月10日報告された死亡事例は1件
👉1件

コミナティ筋注5〜11歳(ファイザー)
令和3年2月21日~令和4年7月10日迄に報告された死亡事例は1件。
④👉1件

①+②+③+④ 接種後死亡報告合計1,796人(内11名が因果関係が認められないとの事)

第82回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和4年度第8回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)←全体資料

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◯重篤者

男性人、女性人、合計人

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

国内死亡数が急増、1~3月3.8万人増 10.1%増

鎌倉市1月〜6月死亡者データ

令和4年鎌倉市の救急出動件数大幅増加中

鎌倉の人口と世帯数(月別出生・死亡数)

鎌倉の統計

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

被害者ご遺族のメッセージ

ニコニコ動画
https://nico.ms/sm40737592

↑ 4人のお子さんを残して36歳で亡くなったご遺族すーさんのメッセージ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

コロナまずは知る事から初めよう⑦
 ↑ 陰謀論では無い事がわかる証拠のリンク集

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| コメント (0)

より以前の記事一覧